2017年06月15日

Bad LiarのMV


Selena Gomez - Bad Liar

やっぱりMVキタ! 音だけしかない静止画音源が長く続いていたので、もしや映像は作らないのかと心配したけれども、ついに「Bad Liar」のオフィシャルMVが公開だ。曲のリリース直前にネットで一部出回ってたちょっとフェティッシュな映像とは違っているし、期待していたそういう方向のものとも全然違う、(一人何役もこなした)学園ものパロディなMV。最後にComing soon - Fetishって字幕が出るから、もう一つ別なバージョンのが近いうちに出るのかも。わりと新しいプロモーションの仕方だなと思って興味わく。

それにしてもこの曲「Bad Liar」は、僕の中では今年一番の曲になってしまった。最初聴いたときは、何というかスカスカした音にささやき声が絡んでるだけの、何か寂しい、未完成な音のように思え、ただふうんって感じだったけど、二度三度聴くうちにじわじわメロディが頭の中にこびりついて、しまいには中毒っぽく一日中これを聴いていたり、何か不思議な魅力があった。で、何でそんなにいいんだろう、と思って調べているうちに、Lordeの「Royals」とこの曲の共通点を指摘する記事があって、なるほどそうかと納得いった。そう、この曲はとにかく音数が少ないんだ。トーキング・ヘッズ「サイコキラー」のベースラインのサンプリング、そしてハンドクラップとベルの音、打ち込みのリズムが入ってくるものの、あとはセレーナ・ゴメスのヴォーカルコーラス。ほぼこれだけで作られていて、聴くほどに、すごく声の魅力にはまっていく感じ。そして、このヴォーカルとリズムトラックだけで出来た、やたらと記憶に残っている音があるなぁと、頭の中の引き出しを二つ三つ開けてみると、目当てのその音楽を思い出した。そう、まさにPILの「Flowers of romance」なんだよ。

posted by J at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | fav. - sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

世界の鉄道:白銀世界のトレッスル橋(カナダ・オンタリオ州)

TrestleBridge-Pickering.Ontario.Canada.jpg
下動画のキャプチャー。


カナダ・オンタリオ州にあるピカリングという街(トロントのちょっと東)に架かっているトレッスル橋が、古びた廃墟感あって味わい深かったんで埋め込みしてみた。この鉄橋、鉄道黎明期というか、鉄鋼の時代に建造されたような、今みると危なっかしい気もするけど、何か無骨で意外と周囲の自然ともいい具合に調和している。雪景色の光景は映画のワンシーンに出てきそう。でも、相当に錆びているのが映像からもわかり、見る分には郷愁感たっぷりでいいが、いまにも壊れそうで、ちょっとここを走るのは怖い気がする。見てるうちに、ビルマ(ミャンマー)北部シャン州にある有名なゴッティ鉄橋を思い出した(高さと長さが全然違うけど)。
鉄道路線は、街を走る大きな高速道路に挟まれたちょうど中間辺りにあり、グランド・ヴァレー・パークに差し掛かったところにこのトレッスル橋がある(地図でみると、DIXIE Roadと線路が交差するあたりで、近くにチェリーウッド変電所がある)。


Train Trestle, Pickering Ontario


List of 100 Highest Railway Bridges
http://www.highestbridges.com/wiki/index.php?title=List_of_100_Highest_Railway_Bridges

posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

靴凝視


東京酒吐座 - Bright(Tokyo Shoegazer)

こんなバンドがあったのか。トーキョー・シューゲイザーっていう、名前の通り、シューゲイザー・サウンドを濃縮したような日本のグループ。出だしはマイブラとスローダイヴを混ぜ感じの音だけど、後半にコクトー・ツインズばりのエコーを効かせた耽美な音響世界をドバドバ放出してて、脳内アルファ波が全開になる。ちょっと泣けたよ、これ。海外の音楽ファンって、日本のシューゲイザーが異様に好きみたいで、当時90年代に活動していたバンドがけっこう人気あったりして、どこで知ったんだろう? と不思議に思う。この動画のコメント欄も全員外人が書き込んでいるという妙な現象。
youtubeにある動画を見ていて、日本語のコメントだらけだと(国内でしか通用しない)なんか閉じた世界って感じはするから、英語や各国語による評価があると世界共通の音なんだなと改めて思えたり。考えてみりゃ、世界の人口は60億ちょっとあって、日本語人口は1億少しなわけだから、1/60くらいで日本語のコメントが入っているのがバランス取れているような。


このところ頻発してる欧州のテロを見てると、911前に、中東や南アジアで過激になっていったテロ事件(イエメン沖やアフガンでの)の状況と何か似た雰囲気になってきてるような気がする。

posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする