2017年02月26日

世界の鉄道:海の上を走る列車(インド/タミル・ナードゥ州)

Cap-PambanBridge-India.jpg
下動画のキャプチャー。


Mother Of All Bridges Pamban 1

インド南端とスリランカ(北西部)は地理的に非常に近くもう目と鼻の先ほど。両先端部だけを見てみれば距離にして約30kmほどしかない。インド側からスリランカ方面に向かって、まるでモッツアレラを伸ばしたように、か細く伸びた砂洲と浅瀬の地があって、そこはアダムスブリッジと呼ばれている。かつて、このアダムスブリッジは海には没しておらず、インドとスリランカの間を歩いて行き来できたとか。日本の天橋立を思い出すような地形で、この地で語られる伝説もまた同じように神や王、天女に姫にまつわるもの。
スリランカは内戦が長期化していた為に、北部エリアへの入域は長らく困難だった。しかし、2009年にスリランカの内戦は終結、そう簡単に紛争の爪痕が消えることはないだろうけれど、現在は観光産業を含めた復興事業が進んでいるところ。インド〜スリランカ間の最短航路も、この内戦の影響で閉ざされたままだったが、不定期的に船の運航はあるみたいだ(水深が浅いので大型船の航行はできないみたい)。インドからスリランカへ航路で行く場合は、「パーンバン橋」を渡って海の中洲のような「ラメスワナム島」へ行き、そこから船に乗り、アダムスブリッジを船上から望みながら、スリランカのマナー島(Mannar Island)へと行く。

上画像 & 動画は、インド大陸とラメスワナム島とをつなぐパーンバン鉄道橋。全長は2,065mで、海上すれすれにある線路、その上を走る列車は海の中を走っているように見える。晴れた日は青い海がきれいで、錆びた橋、くすんだ車輌とのコントラストが絵になる(ちょっと海が荒れたときなんかは運行できないような気もするがどうなんだろう?)。その辺を押さえた丁度いい動画がなかった(天気よく、構図や画質も良くて、適度に短く編集されているもの)ので、構図優先で選んだ。また、この路線、ラメスワナムのもう一つ先にある「ダナッシュコディ」という町が本来の終着駅になっているが、1964年に巨大サイクロンがこの地を襲いダナッシュコディは廃墟と化し、現在はラメスワナムが終点になっている。
パーンバン橋は船が通れるよう、跳ね橋になっている。正確には「バスキュール橋(=天秤ばかりの意)」というらしく、跳ね橋という日本語訳だと本来の意味に適した言葉じゃないとか。

バスキュール橋
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/canal2/bascule_bridge.htm


ダナッシュコディの地図とアダムスブリッジの航空写真(wiki より)
Map-Dhanushkodi-AdamsBridge-wiki.jpg
Dhanushkodi - wiki https://en.wikipedia.org/wiki/Dhanushkodi
Adam's Bridge - wiki https://en.wikipedia.org/wiki/Adam's_Bridge



1964年、巨大サイクロン襲来で廃墟と化した「ダナッシュコディ」の町。

「パーンバン橋」の先にはラメスワラムという駅があって、現在のところここがパーンバン〜ダナッシュコディ支線(Pamban–Dhanushkodi branch line)の終着駅。本来はもう一つ向こうにある「ダナッシュコディ」が終点になるのだけれども、ダナッシュコディは1964年のサイクロンの影響で津波被害にあって、この小さな町は壊滅的な被害を受け廃墟となった。現在もほぼ当時のまま放置されている。
という、悲しい歴史がある場所なんだけれども、絵的に見ると、真っ青な海と白砂、その中にたたずむ廃墟の建物(教会のシルエットなど)は、どこか不思議な感じがあって、時間がぴたりと止まった空間みたいだ。デ・キリコの形而上絵画を思わせる夢の中の世界。もし、僕が映像や映画監督だったら、ここをロケ地にした映画を作ってみたい。カフカの短篇小説「流刑地にて(* 青空文庫でも読める)」を下敷きにしたストーリーで、シュールな映像作品が出来そうな気がする。場所にインスパイアされて、何か作品が出来るってのもきっと面白いだろうな。

Cap-Dhanushkodi-India-May-2016.jpg
Dhanushkodi, INDIA, Aerial Video https://www.youtube.com/watch?v=IdhkmXS5qKo
上リンク先から取ったキャプチャー画面。

Dhanushkodi railway station
https://en.wikipedia.org/wiki/Dhanushkodi_railway_station
RouteMap-Dhanushkodi-wiki.jpg

posted by J at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

世界の鉄道:L字に曲がるシカゴの高架鉄道(アメリカ・イリノイ州)


CTA Junction 12 in winter timelapse.

シカゴの街中、ビルとビルの合間を走る高架鉄道「シカゴ L」。これ、けっこうビックリしたのがジャンクションの走り方。遠目から見ると線路がただ直線交差しているだけように見えるが、実際に列車がやってくるとそうじゃない、ここで車輌が90度直角に曲がって進路をとる。こんな急な角度を横転せずに、よく曲がれるな。この強引さ、アメリカっぽいか。広い土地のあるアメリカなんだから、何もこんな建物の並ぶ場所に線路を引かなくてもいいのに、なんて思いながら、もしかすると鉄道を敷いた後にビルの建設ラッシュがあったのかな? と調べてみると当時からすでにビルは建っていた。街と鉄道の密接具合はディストピアSF映画に出てきそうな雰囲気あるし、どこかアジア的な雰囲気もあって、この光景見ていてなんか居心地がいい。
この「シカゴ L」、開業したのは1892年と古く、日本最初の鉄道(新橋〜横浜間)が1872年の開業だから、当時はやっぱり欧州やアメリカが鉄道先進国だったんだなと。

ChicagoL-1900s.jpg
Historic photos of The Chicago  '​ L ' (写真は下リンクより)
http://monovisions.com/historic-photos-of-the-chicago-l-line/


Cap-ChicagoCTA-Loop-Junction.jpg
上動画のキャプチャー。

BirdView-ChicagoCTA-PinkLineL-Junction.jpg
http://tagong-boy.tumblr.com/post/157188787731/


シカゴ・L - wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%BBL

The Loop (CTA) - wiki
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Loop_(CTA)
https://en.wikipedia.org/wiki/Adam%27s_Bridge
posted by J at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

2.14は初ツイート記念日


Julian Assange
https://twitter.com/julianassange

アサンジがツイッターを始めたようで、初 tweetしたみたい(アカウント自体は2011年に取得していた)。最初のツイートは、いっとき流れた彼の死亡説に関するもの。検索でそれが予測変換の上位になっていた画面を添え、噂に懸念を見せたもの(今検索してみると、cat と twitter だけになっていた)。


* 追記:

"Rumors of my death have been greatly exaggerated (in a curious plot)"

https://twitter.com/julianassange/status/831534671146188800


上はアサンジの初ツイート。マーク・トゥエインの引用からもじったものだという指摘ありで、興味深い。「トム・ソーヤーの冒険」で有名なトゥエインだけれど、ジャーナリストとしての顔も持っているから意外とそのあたりを踏まえているのかも。


"The reports of my death have been greatly exaggerated."
"The reports of my death are greatly exaggerated."
(Another version)
by Mark Twain(Samuel Clemens)

http://www.thisdayinquotes.com/2010/06/reports-of-my-death-are-greatly.html



posted by J at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | favourite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バンコク ホテル格安プラン