2017年03月19日

2017年、三月の読書

book-mar-2017.jpg

「ボディ・アーティスト」ドン・デリーロ
ドン・デリーロ作品の日本語訳で、現在、文庫で買える唯一のタイトル。アメリカの作家なのにどこか湿っぽさがあって、日本的な余韻ある文章。シンプルなんだけどイメージがふくらんでゆく。最新短篇もゆっくり訳しながら読んでいるが、同じように言葉と言葉の間に隙間があって、それが物語に深みを与えている感じがあっていい。処女作の「アメリカーナ」からやっぱりその兆しが見れたりして、文体って作家の特徴がよくでているなと思う。

「チョコレートの歴史」ソフィー&マイケル・D・コウ
これ先月の頭に、文庫で復刊したもの。チョコレートを語るなら絶対に外せない名著として有名みたい。人類がいつどうやってカカオからチョコとして食すようになったか、からはじまって、ヨーロッパ諸国の世界進出と同時に、争いの火種になりまた製法が洗練・改良され、今多くの人が知っている形になったあたりまでを詳しく書いてある。通貨としてのカカオなんかのあたりが興味深かった。

「世界飛び地大全」吉田一郎
これはディープな本。バングラデシュとコーチビハールに点在する無数の飛び地から、中央アジアの非常に入り組んだ飛び地なんかももちろん網羅していて、世界にはまだこんなにも飛び地があるんだ、とびっくりもしたり。ちょっとマニアックすぎて、あんまり実生活では役にたつことはないだろうなと、思いつつ読んでみた。

「増補:エロマンガ・スタディーズ」永山 薫
最初、表紙の絵が気になって手に取った本で、読んでみるとすごく面白かった。カタログや短い作品解説のようなものではなく、エロマンガに焦点を当て、そこから見える日本の大衆文化史(時代の流れや政治・法律とのからみなど)が軸になっている。手塚治虫から高橋留美子、劇画ブームに宮崎勤、などなど全部がちゃんとつながっていて、こんなふうにディティールからそのジャンル全体を俯瞰できるような視点がもてたら、説得力あるな、なんて思ったりもした。絵のタッチやストーリーが、読者の求めるもの(ニーズ)によって、時代ごとに変化してく流れは社会(=読者)そのものを現している。

で、この本の表紙画を描いているのが新堂エルさん。はじめて知ったんだけど、絵がめっちゃ上手く、ファンになってしまった。ただ、内容がけっこう過激なんだな、この人。なので無条件にはオススメできない感じはある。絵のタッチがどこかドライで日本のアニメと何か違う感触があるのは、半分アメリカ人だからなのかもしれない。エロいんだけど絵が上手いから、あまりそう感じなかったりして、何かカッコイイ。アメリカにいた頃は、練習のために描いた漫画は誰にも見られないよう(過激なため)、燃やしていたんだとか。

Comic-ShindoL-Henshin -emergence.jpg
http://tagong-boy.tumblr.com/post/158435590326/
画像は上アドレスより。(孫リンク)先記載のアドレスで漫画が読めます。

posted by J at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - 書籍 - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

世界の鉄道:陸のタグボート「パナマ運河の船舶牽引機関車」(パナマ)

PanamaCanalTrain-Mule.jpg
下動画のキャプチャー。


Panama train

パナマ運河の両岸で、ちょこまかと走る小さな機関車を見つけ興味をもった。この機関車、短距離運搬用小型電気機関車の意味を持つ「Mule」とも呼ばれている(wikiによると、川崎重工製の車両に三菱重工製の駆動用ギアなど、日本製のものが使われているとか)。「Mule」は極一般にラバのことだけど、他運び屋なんかを指すこともあるようで、こき使われてもそうへこたれない、ちょっとタフなイメージがあったりするのかな。陸のタグボートみたいだ。

パナマ運河はパナマ地峡を開削して造られたもので全長約80km。太平洋と大西洋側(カリブ海)をつなぐ重要な場所、ということは改めて書くことでもないだろうけど、一応確認。運河全長、約80kmのうち43kmちょいが「ガトゥン湖」という人造湖になっていて運河航路の半分を占めている。この湖は海抜高度が26mあるため、(海抜ゼロ地点となる)運河の入口と出口に閘門という大きな水門をいくつか設けて、段階的に水位を上げ下げし船の浮位置をコントロールしている。そしてパナマ運河の閘門で仕切られた水路(閘室)を通るとき、船は(エンジンを止め)自力で航行できないので、前に進むためには何かに引っぱってもらわなければならず、その牽引用の動力源として船舶牽引機関車が大事な役目を果たしている。このパナマ運河のMuleは、ラック式鉄道(歯軌条鉄道)というちょっと特殊な方式が採用されていて、レールの中央に歯車がかみ合うもう一本のレールが敷かれている。これがあるために機関車の牽引力が増し、船を引っぱったり、上動画にもあるように急勾配(約27度)をも一気に上れるということだ。


PanamaCanal-Locomotive.jpg
Panama Canal Locomotive Electrics "mulas" (7'12"-)
https://www.youtube.com/watch?v=wfwPpMGfbiA
Muleがタンカーを引っぱっている動画のキャプチャー(上リンクより)。


The Falkirk Wheel (Scotland)

高低差ある水位間で船などを移動させる方法は閘門以外にもいくつか方法があるみたいで、その中でもスコットランドにある「ファルカーク・ホイール(Falkirk Wheel)」という回転式ボートリフトが、未来的なデザインでめっちゃカッコイイんで、鉄道とは少し話それるが運河繋がりということでついでに紹介。

wiki-FalkirkWheel-halfwayround.jpg
上画像は「ファルカーク・ホイール(wiki)」より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB


posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

Flounce Blouse (pale tone Series - 2017)

FlounceBlouse-Mar-2017.jpg
" Flounce Blouse "
(Mar. 2017 / 210 x 297mm) Ink on paper and Digital Effects



Past Works / pale tone シリーズ / 2017

BlueEyedGirl-Feb-2017.jpg
" blUe eYeD gIrl (голубоглазая девушка) "
(Feb. 2017 / 210 x 297mm) Ink on paper and Digital Effects
●色違いヴァージョン:http://tagong-boy.tumblr.com/post/157734933126/

BlueEyedGirl-Feb-2017-Original.jpg
元絵


OffTheShoulderBodyconDress-Feb-2017.jpg
" Off The Shoulder Bodycon Dress "
(Feb. 2017 / 210 x 297mm) Ink on paper and Digital Effects


TwoBlondeGirls-Feb.2017.jpg
" tWo bLondE gIrLS "
(Feb. 2017 / 210 x 297mm) Ink on paper and Digital Effects



posted by J at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ Drawings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バンコク ホテル格安プラン