2011年11月07日

St. Paul's Church - Melaka

R2N-St-PaulsChurch-1.jpg
*Click for Large (p1-2)

R2N-St-Paul-Church-2.jpg
*Click for Large (p3-4)

「セント・ポール教会」
カトリック教会

この教会は、東アジアで布教活動をしていた「フランシスコ・ザビエル」が1545年から1552年の間に何度か訪れている。また、彼の遺体が安置されていた事でも知られている。

1552年12月3日、ザビエルは日本から中国へ布教活動に向う途中、「上川島」で病死。46才だった。彼の遺体は翌1533年2月17日にポルトガル船に乗せてマラッカに移される。約一ヶ月後の3月22日にマラッカ到着。このセント・ポール教会の礼拝堂の地下に埋葬された。そして、約9ヶ月ほどここに安置され、1533年12月に再び掘り起こされた後、インドのゴアにあるボン・ジェス教会へと移された。


馬来西亜 | 馬六甲
マレーシア、ムラカ (マラッカ)
Melaka (Malacca ), Malaysia
posted by J at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

カンポン・カポール・メソジスト教会(リトルインディア)

R2N-3216.jpg
教会の背後に建つマンションのグラデーションがすごいモダンです。
シンガポールの建築、都市の景観には周囲との調和もとれ、かつ斬新なものが数多くあり楽しませてくれる。


Kampong Kapor Methodist Church
http://www.kkmc.org.sg/



新加坡 (新嘉坡) | 小印度
シンガポール、リトル・インディア
Little India, Singapore
posted by J at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

ベトナムの教会

■ Nha Tho Hoa Khanh -Sa Dec-
R0094568.jpg

R0094574.jpg

R0094584.jpg

R0094582.jpg

R0094586.jpg

ホーチミンから国道80号線 (QL80) をロンスエン方面に走り、サデークの入口にあたる「Cau Hoa Khanh (Hoa Khanh橋)」の手前にある教会。サデーク川沿いを歩くとこの教会の塔が遠くからでも良く見える。

SaDec-CHurch-2009-MAY-R0065170.jpg
サデーク川右岸にある教会

at Sa Dec(サデーク / 沙瀝)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ カマウの水色教会 -Ca Mau-
R2N-R0095916.jpg
カマウ市内からキエンザン方面へのバスターミナル ("Ben Xe Ca Mau - Kien Giang") に向かう途中のNguyen Trai通り沿いにある水色の教会。

at Ca Mau(カマウ / 金甌)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ Nha Tho Cha Tam(チャタム教会) -Ho Chi Minh-
09CB001-06.jpg

まっすぐに伸びた「チャンフンダオ通り」の突き当たりに建っているのがこの教会。
行き交う人はこの天主堂に向かうように流れ、
建物も人を吸い寄せるかのように待ちかまえ建っている。
チョロンは低い建物が多いのでこの教会は遠くからも目立っている。


0429-R0063727.jpg
方済各天主堂 / Nha Tho Phanxico Xavie
(フランシスコ・ザビエル教会)

■ ホーチミンの大聖堂
20090429-R0063592.jpg

at Ho Chi Minh City (Sai Gon) / ホーチミン(サイゴン)/ 胡志明市(西貢・柴棍)



posted by J at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

パクセのカトリック教会

R0098803.jpg

R0098806.jpg

タラート・サオの南東約800mほどの場所で静かにたたずむ教会。
No.10 Rd. とNo.1 Rd.の交差する角にある。



ラオス | 巴色
ラオス・パクセ
Pakse (Paxse), Laos
posted by J at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

チャンタブリーの大聖堂 -Thailand, 2009-

2009-0506R0067202.jpg

2009-0506R0067214.jpg

チャンタブリー川沿いに続く古い木造家屋の並ぶ「Sukapibarn Rd」から伸びた橋を渡ると、椰子の木の並木があり、その先に大聖堂が構えている。訪れた時(May. 2009)はちょうど改築中だった。
聖堂を見上げていると、すぐそばで井戸端会議をしていたおばちゃんが声をかけて来た。教会の由来などを短く話してくれた。おばちゃんのとても流暢な英語に驚く。最後に「あと5、6ヶ月後には完成するから、その時にまたおいで」と言ってまた話の輪に戻って行った。


"Chanthaburi Cathedral"
タイで最も大きな大聖堂とされ、約300年ほどの歴史がある。1711年、ベトナムから移住してきた人たちの手で小さな教会として建てられたのが始まり。その後5回の改築をくり返し拡張してゆき、1909 (1903?) 年、現在のゴシック様式の大聖堂として再建された。この時に有名な聖者を描いたとても美しい立派なステンドグラスが組み込まれた。ホーチミンにある大聖堂(写真3)と良く似ているのでこのスタイルはベトナム様式と呼ばれている。元々は建物の両対に高いとんがり屋根があったそうだが、第二次大戦中に連合軍による空襲の標的になりやすいとの事で取り外され現在の屋根のない姿になったとの事。

チャンタブリ県の約83.6%が仏教徒で、4.14%がキリスト教徒、0.33%がムスリム(イスラム教徒)、11.93%が他宗教との統計。
(宝石通りにあるインフォーメション事務所でもらった冊子*他より)
Tourism Authority of Thailand -Central Region 4- issued*
http://www.tourismthailand.org/


20090429-R0063592.jpg
ホーチミンの大聖堂



泰国(タイ)| チャンタブリー
Chantaburi, Thailand
posted by J at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

St. Saviour's Church -Kolkata, India-

St-Saviours-Church-2819.JPG

08CB017-04.jpg

2008GRD0116-40r.jpg

トラムの走る大通りRafi Ahmed Kidwai (RAK) Rd. (Wellwsley St.)と、Pemante St.の交わる角にあるムスリムの食堂「Arafat」があり、Pemante St.を少し歩き進むと、くたびれたコンクリート建ての気味の悪い教会が目の前にあらわれる。無機質なコンクリートで出来たこの教会は、まわりに建つレンガ造りの家とは馴染まずに、ただただ異様な雰囲気を放っていて鋭角の黒い影を落としている。

壁には「St. Saviour's Church」と刻まれたプレートが付けられている。ねずみ色の無機的なコンクリートの壁は教会というよりも、刑務所のような風貌だ。この周辺はカラスの巣窟になっていて、空一杯に羽を広げた大きなカラス達が旋回している。ここから先の区画は入り組んだ細い路地が続き、日本の下町にも似た庶民的な街並みが続く。


印度 | 加爾各答(加尓各答)
インド、西ベンガル州・コルカタ (カルカッタ)
Kolkata (Calcutta), West Bengal State, India
posted by J at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バンコク ホテル格安プラン