2016年06月01日

乗り物図鑑「バングラデシュのカラフルなデコトラ」- DHAKA編 -

BangladeshDecoPaint-Truck-TOP.jpg

撮影したはいいものの、写真が大量にありすぎて整理をするスイッチがどうにも入らず、長い間ほったらかしにしたままだったバングラデシュのデコ・トラ図鑑。ダッカ編がようやく頭の中でリロードできたんで、少し見やすくなるよう、簡単な分類とレイアウトをしてみた。やっぱりカラフルでいいな。
トラックのような大型車両はまた別かもしれないが、CNGやオートリキシャのような小型車両は、バッテリーを搭載した中国製の電気自動車にどんどん切り替わっていて、厚く丸みを帯びた昔のデザインをした車体は次々に姿を消していっているような状況だった。組み立ての簡単な中国製の電気自動車は、どうも見た目の味わいがなく、そこに描かれるペイントもまだ絵師に戸惑いがあるのか、何か中途半端だったりする。カラフルなペイントを施した旧型のトラックもいずれは、燃費の悪さなどの問題から、新しい車種に入れ替わってゆくのだろう。写真を撮りたいと思うときって、消えてゆくものやはかないものに対し潜在的な意識が働くもので、不思議と皮膚感覚(嗅覚?)的に目が反応してしまう。ミャンマーではまだ現役で走る戦前の車など、まだまだアジアには歴史を重ねた面白いものがあるから、写真で残せるものは残していきたいなと思う。

撮影場所はダッカ郊外。川沿いにある土砂や砂利、レンガブロックの集積・配送地で、たくさんのトラックがここに停まっていた。川の上流から船で運ばれてきたこれら砂利・石などを人海戦術で船から積み降ろし、一旦ここに溜め込んだあと、トラックに積み替えダッカ周辺地域へ輸送する。国(のインフラ)を "BUILD" するためにかき集められた多くの労働者の姿を見ていると、彼ら労働力の原資(=対価としての賃金)がどこから発生しているんだろうと不思議に思えた(雇い主なのはもちろんだが、その先、バングラデシュの通貨タカの供給量コントロールが末端労働者の総賃金とどう関係しているのか? ということ。日本やアメリカのように経済規模が巨大でないだろうから、なんとなく国家財政の内訳がこういった労働力の中に見えそうな感じがあって、国と人民、そして通貨のつながりなどに考えがゆく)。

バングラデシュの街をのんびりと歩いていると、小さな印刷屋が古い印刷機を回しチラシやらポスターなどを刷っている光景に出くわすことがある。歯車と金属の骨組み、そして紙のソートする音が街の工房といってもいい薄暗い部屋の中でリズミカルに響いている。中に入れば、インクと機械油の混じった臭いが部屋隅に積み上った紙の中にも染みこんでいて、鼻の中がフラットな感じになってしまう(面白いことに、インクというのは波長があり視覚的には、鮮やかだったりそれぞれに色が違っているのだけれども、嗅覚的にはどれも平坦なところがある)。こういった個人商店的な印刷屋は横に並ぶ他の店(雑貨や衣料品などを扱う)と変わらず、入口は全開で、中の様子が外からでも伺える。店の前や玄関には刷り損じた紙片や、インク乗りの悪い紙、版がズレて変な具合になった写真など、要は印刷ミスの紙が無造作に捨てられていて、上手く印刷できたものよりも魅力的な「オブジェクト」として僕の目には映った。バングラデシュのトラックに描かれている手描きのペイントも、それらと同じようにキッチュな要素があって、何かこの二つはつながるように思えたり。上画像の表紙アイコンは、そのあたりのイメージと要素をデザイン的に落としたもの。ベースになる写真のCMYK版をそれぞれ少しズラした上で、スミ版だけを最後に抜いて色のトーンを調整した。トラックに描かれた素朴な絵を版ズレ効果で、懐かしさとチープなイメージに出来たらいいなと思って作成した。
最後に図版ページのPDF版(A4)も貼っているので、興味ある方はダウンロードとかしてください。多分、シャープにプリントできると思う。

アラビア文字風アルファベットは、Gunarta さんの作った「Nurkholis」というフォントを使わせてもらった。

"Nurkholis" by Gunarta (2013)
http://www.fontspace.com/gunarta/nurkholis

BangladeshTruckDoor-Dhaka-04.jpg
Page 01_ 花、果実モチーフ
描かれる花のモチーフはバラが比較的多い。このあたりは、イスラム圏での特徴的な傾向が影響しているように思う。有名なシリアのダマスカス・ローズはブルガリアを経てヨーロッパへ、イランやパキスタンを経由してユーラシアの東側へ広がっていった。主に芳香や鑑賞を目的とし栽培種に改良が加えられていく。日本で桜が特に愛されるように、バラはイスラムの人たちにとって特別な意味合いのある花なんだろうな。

BangladeshTruckDoor-Dhaka-01.jpg
Page 02_ 鳥モチーフ
鳥の絵では、カワセミ、孔雀、オウム、シキチョウ、鷲(鷹?)、かもめ、なんかがよく描かれている。バングラデシュの国鳥がシキチョウだから小鳥の絵はそれが多い。孔雀はインドやミャンマーの国鳥にもなっていて、仏教の影響があるせいか南アジア一帯で人気があるし、カワセミはお隣インドのビールや航空会社のブランドでも知られるので、やっぱりインド文化圏ではポピュラーな模様。

BangladeshTruck-Dhaka-Image-02.jpg
Image A_ バラの花

BangladeshTruckDoor-Dhaka-02.jpg
Page 03_ 果実・花モチーフ
バナナの花がモチーフになるのは南国ならでは。カボチャの花がわりとよく描かれるのは肉厚で鮮やかだからだろうか? 屋根には空をイメージさせる飛ぶものが描かれ、花に飛んでくる蝶、(メッカ)巡礼への飛行機、といった組み合わせがよく一セットになっている。

BangladeshTruckDoor-Dhaka-03.jpg
Page 04_ 田園風景モチーフ
バングラデシュの田舎の風景や絵画的な光景などの少し描き込んだ絵もよく見かける。特徴あるわらぶきの屋根をした伝統的な家や、この地域特有の小船だったりがだいたい描かれている。サッカーが盛り上がっていた年だったかもしれない、サッカー・ボールとワールドカップのトロフィーもワン・セットになって絵になっていた。要はドライバーの願望を絵師に託す、あるいは絵師の願望をそのまま描く、みたいなことなのかな?

BangladeshTruck-Dhaka-Image-01.jpg
Image B_ パイナップル

BangladeshTruckDoor-Dhaka-05.jpg
Page 05_ その他モチーフ・色々
会社のロゴ・マークや幾何学模様、近代的な建築物も絵のモチーフになっている。

BangladeshTruckDoor-Dhaka-06.jpg
Page 06_ その他モチーフ・色々

BangladeshTruck-Dhaka-Image-03.jpg
Image C_ シキチョウ




Bangladesh Decorative Painting Truck - Dhaka 01 - 06 (PDF)
(A4 size / 各ファイル、2MBほど)
BangladeshTruckDoorPainting-01.pdf
BangladeshTruckDoorPainting-02.pdf
BangladeshTruckDoorPainting-03.pdf
BangladeshTruckDoorPainting-04.pdf
BangladeshTruckDoorPainting-05.pdf
BangladeshTruckDoorPainting-06.pdf



posted by J at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

インドのトラック -Kolkata, 2011-

Truck-Kolkata-R0129689.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129692.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129691.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129690.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129665.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129659.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129666.jpg
Kalyani

Truck-Kolkata-R0129934.jpg
Acharya Prafulla Chandra Road (near Sealdah Station)

Truck-Kolkata-R0129791.jpg

Truck-Kolkata-R0130056.jpg
near Netaji Subhas Chandra Bose International Airport

Truck-Kolkata-R0130058.jpg
near Netaji Subhas Chandra Bose International Airport

Truck-Kolkata-R0129889.jpg
Tottie Lane (Marquis St.)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ この「デコトラ・シリーズ(アジア・乗り物図鑑)」は高画質版もあります。
・サイズは、最大で3600 X 2700 pixelまで。
・Jpeg File
(詳細はメールにて)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


印度 | 加爾各答(加尓各答)- 西孟加拉邦
インド、西ベンガル州・コルカタ (カルカッタ)
Kolkata (Calcutta), West Bengal State, India
map-india-kolkata.jpg
posted by J at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

インドのトラック -Benapole, Bangladesh 2011-

BENGAL-TRUCK-R0129323.jpg

BENGAL-TRUCK-R0129327.jpg

BENGAL-TRUCK-R0129328.jpg

BENGAL-TRUCK-R0129324.jpg


バングラデシュからインドへ戻る途中のトラック。「Speed 40km」なんて描いてあるけれど、そんなスピードで走ってるトラックは見なかったなぁ。ベナポール国境にて。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ この「デコトラ・シリーズ(アジア・乗り物図鑑)」は高画質版もあります。
・サイズは、最大で3600 X 2700 pixelまで。
・Jpeg File
(詳細はメールにて)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



map-Benapole-Haridaspur.jpg
posted by J at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

スーパー自転車

R2N-R0132115.jpg

メガルクスな装備の自転車と遭遇した。
すべて運転していたおっちゃんの手作りで、正面部はステンレス板を加工してランプが整然と取りつけられている。ハンドル部分には、道路ナビと気象案内も付いていた。後部にはテールランプもちゃんとある。このおっちゃん、驚くようなものを作っている割りに控えめな人で、この自転車についていくつかたずねても、小さくうなずくか、首をかしげるくらいで、詳しいことはわからずじまいだった。ただ、正面のランプはすべて点灯するそうで、点いたところを是非見たかった。

新宿にて。
posted by J at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

ベンガルのカーゴ

Bengal-CARGO.jpg
*Click for Large (p1-2)

乗り物ではありませんが、輸送に使う小さな貨物ということで「乗り物図鑑」のカテゴリに入れました。
バングラデシュとインドのコルカタ周辺で撮影。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
< Text >
●アジア乗り物図鑑・番外編
「ベンガルのカーゴ」

ベーカリー、アター、クッキー、ケーキ、アイスクリーム、ミネラル・ウォーター、ミルク、食用オイルなどのグロッサリーの運搬に使われているカーゴ。扉や側面に描かれているレトロ感ある手描きの絵や、装飾的なベンガル文字のレタリングが楽しい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

孟加拉国
印度 - 西孟加拉邦
Bangladesh & West Bengal State, India
posted by J at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

遊星からの物体Z

R2N-2319.jpg
なんだこの奇天烈な乗り物は!?おっちゃん、コレで宇宙から来たの??恐るべしバングラ・ガリ。

R2N-2322.jpg
もはや乗り物というより新たな生命体。

R2N-R0128862.jpg
ミタコトノナイ・セイブツガ・アラワレタ・ニンショウフカノウ

R2N-R0128863.jpg
椅子はイチゴ模様でファンシー。。このセンスにはついていけません。


孟加拉国 | 拉治沙喜 (拉治沙喜区)
バングラデシュ、ラジシャヒ (ラッシャヒ地区)
Rajshahi, Rajshahi Division, Bangladesh
map-bangladesh-rajshahi.jpg
posted by J at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

不条理な融合。ん、ドーなってるの?

R2N-R0129589.jpg

R2N-R0129588.jpg

エスプラネード前のトラム乗り場の裏手に一台の奇妙な車が停車していた。
遠めに見る深緑色の長い車体はどこかいびつ。
近づいていくと、そのおかしさの理由が見えてきた!

この奇妙な車、前半分がバスで後ろ半分がトラックの荷台という全く意味不明な形状をしている。まるで子供が遊び半分で組み立てたプラモデルのようだ。異なる2種の車体を真っ二つに切断、そしてただ均等に前部分と・後ろ部分をつなぎ合わせただけなんだけど、このいい加減さがまた絶妙な具合でいい。
何よりもこの車、どういう目的でどう使うのか?造った人に聞いてみたい。


印度 | 加爾各答(加尓各答)
インド、西ベンガル州・コルカタ (カルカッタ)
Kolkata (Calcutta), West Bengal State, India
posted by J at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

パクセのオンボロ・カー

R2N-R0098710.jpg
路肩に放置されたトラック。廃車。丸っこいボンネットがかわいらしい。

R2N-R0098379.jpg
手作りの風合いが残ったラオス語のナンバープレートがかわいい。
こちらはまだ現役。


ラオス | 巴色 (パクセ)
Pakse (Paxse), Laos
posted by J at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ボグラの乗り合い

2008-0111-44.jpg


孟加拉国 | 博格拉
バングラデシュ、ボグラ (ラジシャヒ地区)
Bogra, Rajshahi Division, Bangladesh
posted by J at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

アジアの楽しい乗り物 / -番外編-

R0121003.JPG

R0110259.JPG

R0109782.JPG

R0109791.JPG

photo-1) ケータイ感覚でデコった車。いや、もしかするとケータイやったりして。。ポケットに入らないー。車や列車型のケータイがあったら面白いのに。
photo-2) 豪徳寺商店街に停めてあった年期の入った自転車。ダイカスト製のベルが素敵。でもきっとリーン!という澄んだ音でなく、ギリゴギッ!とギアのきしむ鈍い音がしそうだ。置き場に戻って来た時にはもうなかったので、コレに乗ってる人がいるんですね。
photo-3&4) どこかのPA。大きなトラックも一列整然に並ぶとミニカーのように見えてくる。仮面ライダー全員集合!みたいでカッコイイ!
posted by J at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア乗り物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バンコク ホテル格安プラン