2017年10月14日

名曲で歌われる紅茶のアイデンティTea




 独立戦争以降のアメリカでは、紅茶はイギリスの圧制と束縛の象徴とされ、人々はコーヒーを飲むようになっていたが、ここに面白い逸話がある。
 イギリス本国で茶の減を進言した三代目リチャード・トワイニングの息子、トーマス・トワイニング(初代トーマスの曾孫に当たる)はアメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンに面会したことがあった。(中略)
 そして面談の後、退出しようとしたトーマスに、ワシントンは今晩茶を共にしようと誘った。残念なことにトーマスは他に約束があり、これを辞退してしまったのだが、ワシントンに面談できたことと、彼に茶に誘われたことを、栄誉として記している。
 かつて茶税をかけたことから戦争になり、イギリスから独立したアメリカの大統領が、イギリス屈指の茶商と茶を共にしていたら、どんな会話がされていただろうか。

「一杯の紅茶の世界史」磯淵猛、より

(第六章 イギリス人、紅茶を飲み続ける / 文春新書・p101)


上の本は紅茶の歴史、世界各地の紅茶についてをコンパクトにまとめた新書で、ときおり紅茶にまつわるこぼれ話も混じっているので、読みやすく、またこれ一冊で結構しっかりと紅茶のことを知れ、すごくいい本だと思った(茶馬古道やビルマの茶についても載っている)。世界史(とくに近代)の中で、紅茶が交易商品として果たした役割、またそうした流れを知っていると、次はもっとディープな紅茶(&お茶)の世界へ入っていけるだろうし、お茶の世界には、ただ「美味しいね」と言って済ませない魅力がやっぱりあるようにも思う。

アメリカでコーヒーが主流になった理由が、アンチ・イギリス、紅茶に由来するんだというのは知らなくて、興味をひいた。そこに住む人たちのアイデンティティって、食文化から起因し形成されることもあるんだな。そう考えると、アメリカで誕生したスターバックス(メルヴィルの「白鯨」にでてくる登場人物が名前の由来)が、ヨーロッパを意識したブランディングでつくられているのは、何か旧大陸に対する懐古的郷愁のようなものが、スターバックスの設立時にアメリカで醸成されていて、それが支持され、結果今みたいに大きなコーヒーショップとして成長できたのかな? とか思ったり。そしてスタバのネーミングルーツになった「白鯨」という物語は、(ヨーロッパに比べ)歴史が浅いアメリカにとっての現代神話みたいな捉えられ方をしているから、その点を合わせてみると、もう少し面白く読み解けそうな気もする。

紅茶とコーヒーの比較とくれば、スティングの有名なあの曲、「Englishman In New York」を思い出しメロディを口ずさむ人も多そうだ。歌詞の冒頭「僕はコーヒーは飲まないんだ。紅茶を飲むからさ」と始まり、自分のこだわりを少し披露しながら、最後に「僕はNYにいるイギリス人なんだ」とくくり、「僕は外国人、合法的に入国した外国人さ」と歌う。この歌でも自分がイギリス人であることを強調するために、紅茶がその象徴として扱われ、それに対するコーヒーがアメリカの象徴になっている。スティングはよっぽど紅茶派なのか、ポリス時代にも「Tea in the Sahara」という曲を書いている。ただ、この曲はポール・ボウルズの小説「シェルタリング・スカイ」にインスパイアされたもので、曲名もその小説の章のタイトルそのまんまだから、あまり関係ないのかもしれない。ちなみに、「シェルタリング・スカイ」はモロッコが舞台の物語。なので、ここに登場する「Tea」というのは紅茶ではなく、緑茶とミントを煮出して砂糖をたっぷりと放り込んだモロカン・ミント・ティのことかもしれない。シェルタリング・スカイは昔、映画の方を観た記憶があるんだけど、どんな内容だったかもうさっぱりと覚えてなくて、確かなことは言えないけど。


Sting - Englishman In New York


posted by J at 12:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

一年前に避難

shelter-sketch.jpg
*画像は下記リンク先より。

去年のちょうど今頃、 ポーター・ロビンソン & マデオン「シェルター」のMVが世界にさきがけ渋谷モディの街頭エキシヴィジョンで公開されて話題になっていた。僕は二ヶ月遅れで知ったんだけど、最初観たときはほんと驚いた。音楽の良さ、と約6分間のオリジナル・アニメーションの物語、そしてその映像の完成度に。MVというよりも、まるで映画のようなクオリティだった。出来上がった音楽にただ割り振りしたアニメーションを付けただけじゃない、のは観てすぐにわかったし、調べていくうちにひとつのプロジェクトとして制作されたとても丁寧な映像作品だったんだなというのもわかった。
このMV、いまだに人気があって、そのおこぼれがあるせいか、当時歌詞訳含めて少し書いたうちの記事にもよく飛んできてくれる。で一年ぶりということもあって、ひさびさに調べてみると、この「シェルター」のMVの制作エピソードを載せた記事が見つかって、メイキングの様子やポーター・ロビンソンとどんなやりとりをしながら映像を作りあげたのかが詳しく書いてあった。

読んでいると、アニメーション制作が進行するなかで、ポーターは自分のヴィジョンを明確に伝え、リクエストを言ったりしながらも、アニメ・クリエーターたちの創る世界観に呼応するように、作った元曲の長さやアレンジを変えたりして、有機的にヴィジュアル・ワールドとサウンド・ワールドを融合させていたんだなと。



ミュージックビデオって、ただ見るだけのものや、抽象的なものが多いじゃないですか。だから、最初はそちら寄りのインパクト重視なものも考えていたんです。でもポーター本人が、ちゃんとストーリーがあるものを作りたいというイメージを持っていたことが大きかったと思います。

なぜアニメMV『SHELTER』は、世界を席巻できたのか?
A-1 Pictures制作陣が語る、音楽と美術をつなぐ魔法
(2017.04.11)
https://www.fuze.dj/2017/04/a1-pictures-shelter.html



YOUTUBERS REACT TO SHELTER MUSIC VIDEO (Porter Robinson & Madeon)

https://www.youtube.com/watch?v=0C4jonGA4jY

posted by J at 15:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

紅茶プランテーションに関する記事



約90ある茶園が3か月以上、操業していない。その背景にあるのが一帯の独立運動だ。



ダージリン茶が飲めなくなる!?
インド東部「大規模スト」背景にグルカ族独立運動

http://news.livedoor.com/article/detail/13646344/

以前、バングラデシュ北西部からインドへ抜け、ブータン国境にも近いコーチビハールへ行ったとき、ダージリン周辺の町に寄ったことがある。そのあたりは、グルカランドといわれるエリアで、行ったときに初めてそういった場所で政治的な問題が起こっていることを知り、日本に戻ってから改めてそれが小さな問題ではないことに気付く。あらかじめ下調べでもして知っていたのなら、もう少しその地のことをよく見れていたのだろうな、と思いつつ、でもそれがきっかけでニュースなどでは気にするようにはなった。

今、治安の安定した日本で、安価に紅茶が飲めるようになっているのも、こうした地域のプランテーションで働く(多くの)労働者がいるからで、大企業の元で搾取された人の人生、が犠牲になっていることも忘れちゃいけないなと思う。かといって美辞麗句だけを並べただけのようにもみえるフェアトレードというあり方に100%賛同できるわけでもなく、(茶の)消費者が、どうやってそれぞれの産業が抱え持つ各種諸問題に向かい合えばいいのかということも、日常のなかで、答えの出ないまま考えていることも多い。


第一次産業での各種プランテーションにおける過酷な労働の実態は、店頭に並ぶ商品のきらびやかなパッケージからは想像つきにくいだろうけれど、自分たちが手に、口にする食品が一体どんな環境で作られているのだろうかと考えてみるのは決して悪いことではないと思う。むしろ商品ブランドだけにしか目がいかないときほど、その内側を確かめてみる必要があるのだと。
少し前のNYタイムズの記事に、アッサム地域の紅茶プランテーションで働く人々の労働環境についてを書いた記事があるのでひとつ紹介しとこう。紅茶では製品に関するものやセールス絡みの広告的なもの、How to Drink といったものはたくさん存在するけど、こうした労働環境の現場をレポートしたものは取り上げられることも少なく、興味ある人は目を通してみるといいのかも(他、ネットで調べると2014年ごろにはBBCがドキュメントなどで取り上げ Youtube にその動画があるし、関連のHPもいくつかある)。


一日の賃金は約90ルピー(約160円)。労働者たちは(ティーバッグ一箱よりも安い)低賃金で働き、住居は狭く下水設備の整ってない不衛生な場所。そうした空間に詰め込まれ寝食を共にする。現場監督は暴力的な発言で労働者たちをいじめ、逃げだそうものなら、家族にひどい仕打ちが待っている。と、東インド会社のあった封建時代の頃と何ら変わっていない。


Cap-NYTimes-Feb.2014-IndianTeaPlantation.jpg
*画像は下記リンク先より。


Hopes, and Homes, Crumbling on Indian Tea Plantations
(NY Times)
By MAX BEARAK, Feb. 2014
https://www.nytimes.com/2014/02/14/world/asia/on-indian-tea-plantations-low-wages-and-crumbling-homes.html

posted by J at 17:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

100年前の革命


ロシア革命100年(Russia Beyond)
https://jp.rbth.com/1917


あんまりロシア革命についてわかってなかったので、ちょっと勉強しておこうと思って今年は関連本をいくつか読んでいた。政治家だったナボコフの父って革命時に暗殺されたんだ、とか知らなかったエピソードなんかもいっぱいありで、やっぱ劇転してくこの歴史は面白いな。上サイトは図版も多くテーマごとに簡潔にまとまっているので、楽しくみれる。

RussianRevolution.jpg
「春風のスネグラチカ」:とある人物の噂をもとに、物語を描いた漫画。絵もいいし、これは面白かった。
「共産主義黒書」はアジア篇も出ていて、こっちも欲しい一冊。


Electronic - Can't Find My Way Home

エレクトロニック(ニュー・オーダー+ペット・ショップ・ボーイズ)の3rdアルバムで最後のアルバムになった「Twisted Tenderness」ってジャケにラスプーチンの写真を使っていて、もしかすると歌詞の中でなにか関連したことを歌っているのかもしれない。この時期のエレクトロニックには興味をなくしていたので、改めて聴きなおしてみないといけないな。ファーストでは「ソヴィエト」なんてインスト曲もあって、エレクトロニックというユニット自体が何か共産主義的傾向に寄ったものだったのかも、なんてことにいまさら気付いてみたり。この辺りはエレクトロニックの歌詞訳のときに触れられるかも。埋め込みした動画はブラインド・フェイスのカバー曲「Can't Find My Way Home」。なぜこの曲を選んだ? の不思議。


posted by J at 14:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ワールドカップのテーマ曲


ЖИТЬ | SMASH, Полина Гагарина & Егор Крид - Команда 2018

2018年、ロシアで開催されるワールド・カップのテーマ曲「コマンダ」を、地元開催地のシンガーたち、ポリーナ・ガガリーナを中心にラッパーのエゴール・クリード、そしてスマッシュの三組がチームになって歌っている。多分、日本ではまったく紹介されてなさそうな感じだけど、意外といい曲やったしロシアン・ポップスも普段そう聴くこともないので紹介しとこう。


私たち、真実を知ってるわ。
あなたは私たちのチームでしょ。
あなたがいないと高みにとどかない。
あなたがいないと、勝つことができないの。

Мы знаем в чем правда.
Ты наша команда!
И она без тебя высоко не взлетит.
Без тебя никогда не победит!



サビのところは、こんな歌詞。


にしても相変わらずガガリーナ綺麗だな。(とくに1'22"のところ)


日本に一番近いヨーロッパ「ウラジオストク」の意外な素顔
http://news.livedoor.com/article/detail/13573485/
今年8月からのビザ緩和で、極東ロシアがじわじわ人気になってきているみたいで、これ来年ワールドカップにあわせ一気に盛り上がりそう。でもね、ロシア語圏ってキリル文字覚えておかないと、英語が(ほんと)まったく通じないからけっこうコワイ。
posted by J at 12:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

世界が Hulu えたネット配信ドラマ


The Handmaid’s Tale Trailer (Official)


舞台となるギレアデ共和国は、環境汚染による不妊問題の深刻化に苦しむ全体主義国家だ。子どもを産むことのできる女性は「侍女」(Handmaid)と呼ばれ、政府によって富裕層の家庭に送られる。一種の性奴隷となって子づくりに協力するよう強要されるのだ。

ディストピアSF『侍女の物語』をHuluがドラマ化:予告編(WIRED)
https://wired.jp/2017/01/12/handmaid-tale-trailer/




今年の春頃だったか、ネットでマーガレット・アトウッドの名をよく目にするようになって、何だろう? と思いつつ、あまり興味のなかった作家だったので、追いかけて記事を読むようなことはなかったが、ああ、あれってこのネット配信ドラマの公開とその反響のことを話題にしてたんだと、いまになって気づく。アトウッドが1985年に発表した小説が原作になっており、出版社HPなどを見ると、ディストピア・近未来SF小説としてハクスリーやバラードなどと並んで、古典的名作という扱いで読まれているみたいだ。


"Excited to re-read this before "(2017年4月18日)
https://twitter.com/laurenevemay/status/854542249358749696
そいや、Chvrchesのローレンちゃんも原作を読んでて、こんなツィートをしていた。彼女が読んでるのはAnchor Book版(この版、Valerie Martinさんによる序文解説がネタバレになってるとか)。


上、WIREDの記事を読むとめっちゃ面白そうで、予告動画を通し見てもクオリティ高そうだった。ただ残念なのが、日本語字幕版がないためにいまは見れないこと。日本のHuluって「Huluオリジナル制作の作品」をやってないのか、という事実も知り、こんな面白そうなコンテンツを取り扱わないなんて確かに看板倒れだなと思ったり。

下転載のものは、町山さんがドラマ化された「侍女の物語」の魅力を語っている番組? の内容書きおこし記事で、読むとこの配信ドラマの過激な描写がどれほどのものかがわかる。アメリカは宗教上の規制が厳しいから、映画やテレビ番組では限られた表現しかできない現状(ずっとある問題だけど)だったり、でもネット配信ではそういった問題をさほど気にせず制作できることなどなど。そういえば、こないだデヴィッド・リンチが映画監督はもうやめて、これからはネット配信のドラマに軸を移していくようなことを言っていたのを思い出した。

ジェンダーものが絡んだSF小説では、ル=グウィン("ゲド戦記"の原作者でお馴染み)の「闇の左手」もテレビドラマで映像化されるという、制作発表のニュースが今年5月にあったし、今の映像技術に合わせた過去作品の掘り起こしがまた盛り上がってきてるのかな。



(町山智浩)
アメリカでいまものすごい論争になっている、でもすごい人気にもなっているドラマがありまして。その話をします。

今回これはHuluというネット配信のサービスで配信されているんですけど、その映画化のぬるかった部分を徹底的にやったのが今回のドラマなんですよ。だから、これ先に言っちゃいますと、テレビはスポンサーがチェックしますよね? あと、放送倫理については政府とかが許認可制度があるんで、政府機関がチェックしているわけですね。

映画の方はMPAAという、日本の映倫にあたるところが自主規制をするんですよ。で、アメリカのMPAAは日本の映倫と違って、中にカトリックとかの宗教家が入ってきているんですよ。だからこの『侍女の物語』は全く映画でもテレビでもできないようなことをやっているんですよ。

これ、テレビではできないですね。だって途中でコマーシャルが入って、コマーシャルを見る気になれないですよね。これね。それで映画の方はこれ、宗教が完全に恐ろしいものとして描かれているから、MPAA内部で検閲を宗教家を呼んでやっているんですけどもね、彼らがたぶん許可しないですね。

これはネット配信以外ではたぶん見れないものなんですよ。



町山智浩 TVドラマ『The Handmaid’s Tale(侍女の物語)』を語る (より一部抜粋)
http://miyearnzzlabo.com/archives/43907




「侍女の物語」…。Huluオリジナル作品を配信しないのにHuluを名乗ってる日テレ・ハッピーオンには一刻も早くHuluの看板を下ろしてもらいたい


(宇野維正さんtweet)https://twitter.com/uno_kore/status/866322857764077568


book-MargaretAtwood-HandmaidsTale.jpg
「侍女の物語」マーガレット・アトウッド (ハヤカワepi文庫 / 訳:斎藤英治)
posted by J at 16:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

靴凝視


東京酒吐座 - Bright(Tokyo Shoegazer)

こんなバンドがあったのか。トーキョー・シューゲイザーっていう、名前の通り、シューゲイザー・サウンドを濃縮したような日本のグループ。出だしはマイブラとスローダイヴを混ぜ感じの音だけど、後半にコクトー・ツインズばりのエコーを効かせた耽美な音響世界をドバドバ放出してて、脳内アルファ波が全開になる。ちょっと泣けたよ、これ。海外の音楽ファンって、日本のシューゲイザーが異様に好きみたいで、当時90年代に活動していたバンドがけっこう人気あったりして、どこで知ったんだろう? と不思議に思う。この動画のコメント欄も全員外人が書き込んでいるという妙な現象。
youtubeにある動画を見ていて、日本語のコメントだらけだと(国内でしか通用しない)なんか閉じた世界って感じはするから、英語や各国語による評価があると世界共通の音なんだなと改めて思えたり。考えてみりゃ、世界の人口は60億ちょっとあって、日本語人口は1億少しなわけだから、1/60くらいで日本語のコメントが入っているのがバランス取れているような。


このところ頻発してる欧州のテロを見てると、911前に、中東や南アジアで過激になっていったテロ事件(イエメン沖やアフガンでの)の状況と何か似た雰囲気になってきてるような気がする。

posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

最高にキラキラーでごめす


Selena Gomez - Bad Liar (Audio)

セクシーなサムネイルにつられてクリックしたセレーナ ・ゴメスの新曲。聴いてみると、出だしからいきなりトーキング・ヘッズ「サイコ・キラー」のベース・リフをサンプリングしてたんで、思わずびっくり(この話題、当のメンバーも大歓迎してるとか)。マライアの「ファンタジー」をはじめて聴いたときと同じような驚き。ニューウェーブ好きにはちょっとたまらないものがある。こんだけメジャーなシンガーがヘッズ・サウンドを取り入れてるなんて、不思議な気がする。MVもたのしみ。


I really like the song...and her performance too.

DavidByrne.com
https://twitter.com/DBtodomundo/status/865266207305367553


posted by J at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

さよならワルツ


Прощальный вальс выпускников

たぶん、この時期恒例、ロシアの卒業生お別れダンスの映像だと思うんだけど、よく見るメイド風衣装じゃなく真っ赤なドレスで踊っているのがすごく優雅でいいなと思って、ちょっとリンクしてみた。撮影と編集も凝っていてクオリティ高いな。
ロシア名物ラストベル(Последний звонокで検索するとローカルな映像たくさん出てくる)。もうはじまってるのかな?
posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

RTリポート:チェチェンの今


Chechnya: Republic Of Contrasts (RT Documentary)

ロシアにめちゃめちゃやられてたチェチェンだけど、こうやってみるとだいぶ復興してきているんだな(RT・ロシア側メディアの目線とはありつつ)。にしても、エキゾチックというかイスラム色がこんなに強いところだとは知らなかった。思わず見入ったのがチェチェンのファッション。シルキーなコーカサススタイルのブルカをかぶった女の人がめっちゃきれいで、ロシア系 + イスラムのファッションって最強かも。6'30" あたりから登場するニュース・キャスターのミラーナ・マナエーヴァの美人なこと。美女のロシア語ってすごいカワイイ。
チェチェンの音楽シーン紹介ではクラブでピンク・フロイドの「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」を演奏してるロック・クラシック世代の年配ミュージシャンを映していたりもした。最後に流れるグロズヌイの夜景、モスクや街のイルミネーションはほんときれいだ。

MilanaManaeva-ChechnyaRepublic.jpg
上動画のキャプチャー画像。


posted by J at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする