2017年01月21日

世界の鉄道:ティラナ駅のディーゼル機関車(アルバニア)


HSH T669 1041 Treni nr. 18 Tiranë - Durrës in Tiranë
Albanian Railways 28.5.2013


サムネイルにあるカラフルなビル群が目をひいて飛んでいった動画。これてっきり、どこかの田舎駅だと思っていたんだけど、アルバニアの首都、ティラナの鉄道駅だった。アルバニアって鉄道網があんまり発達してないんだな。にしてもブルーグレーの空下に色鮮やかなビルが立ち並ぶ光景と、草が生え放題の線路、その中で無骨な姿の機関車がぽつんとたたずむ構図は、ちょっと別な惑星にさ迷いこんだ錯覚になる。


Albania-TiranaStation.jpg
上動画のキャプチャー。

ChME3 - wiki
https://en.wikipedia.org/wiki/ChME3
チェコスロヴァキアの「ČKD」社製のディーゼル機関車だそうで、ロシアやベラルーシ他、バルカン半島、旧ソ連圏の国々で主に走っている。

Diesel Locomotive Technology
http://www.railway-technical.com/diesel.shtml


posted by J at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

世界の鉄道:橋ですれ違う貨車(ウクライナ)


Electric locos meet on a bridge / Электровозы встречются на мосту


夜中静まり返った頃、何気に、列車がただ走っているだけの鉄道動画が見たくなって、(知らないローカル線や地図にはない路線が見つかりそうな)ナローゲージを検索ワードにして探し見ていると、ウクライナにいいロケーションの線路風景がけっこうあることに気づく。起伏のない緑豊かな丘陵地帯に伸びた線路を走る、いかにも時代風の貫禄をした列車車輌はどこか絵になる。そういえば、何年か前に話題になった、木々に包まれた緑のトンネル("the Tunnel of Love")も確かウクライナだったよなと思い出す。改めて調べ直すうちに、中国の南京市江寧にもほぼ同じような緑のトンネルがあったという話題を見つけたり(もちろんウクライナの Tunnel of Love の情報が広まったあと、中国の人らが自国にそっくりな場所がることを知ってそこが人気スポットになったとか)、ネットの情報の伝播の早さと広がり方はほんと距離や人種を問わないんだな。


ElectricLocosMeetOnABridge-Capture.jpg
上動画のキャプチャー。このロケーションはほんといい、こんな場所が近くにあったら、おにぎりと水筒を鞄に詰めて毎日通ってしまいそう。



the Tunnel of Love (恋のトンネル)
ポーランドとベラルーシに近い、ウクライナ北西部の街「クレーヴェン」と「オルツィヴ(Orzhiv)」の間を結ぶ鉄道路線。この約5kmほどの区間が木々にすっぽりと囲まれて(夏の時期は)緑のトンネルになっている。Google Mapにも固有名称として載っているし、「恋のトンネル」として日本語でのwikiもあるくらいだからもうすっかり皆知ってはいるだろうけど一応、画像貼っておこう。話題になるきっかけになった記事は、僕の記憶ではたしか以下のものだったと思う。
Ukraine-TunnelOfLove.jpg
*画像は下記記事より。

Just the ticket for popping the question:
The tree-lined romantic 'tunnel of love' railway line that's so beautiful
it's beyond be-leaf (just watch out for the train)

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2142736/

ウクライナの鉄道は、日本のJR各社のように地域ごとに事業分割され、計6つの会社で運営されている。「恋のトンネル」のある路線は西部地域を担う「Lviv Railways」の管轄だった。

Lviv Railways
https://en.wikipedia.org/wiki/Lviv_Railways







posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バンコク ホテル格安プラン