2013年07月05日

乗り物図鑑「乗り合いテンプー」マイメイシン編 (2) -Bangladesh-

乗り物図鑑「乗り合いテンプー」マイメイシン編 (1)からの続き
http://tavola-world.seesaa.net/article/361205130.html

「乗り合いテンプー・マイメイシン編 (1)」の車両が、まだ車の体裁をしているのと比べると、今回のものは、どちらかというとバイクの延長にあるような造りで、直線的で男性的なデザイン。手作り感満載で、板金工大活躍といった感じがする。
AutoRickshaw-MYMENSINGH-1649.jpg
52-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127955.jpg
52-b) サーカスの乗り物みたいで楽しい。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127956.jpg
52-c)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1691.jpg
53)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1577.jpg
54)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1679.jpg
55)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1710.jpg
56)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1712.jpg
57)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1780.jpg
58)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1675.jpg
59)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1755.jpg
60-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1754.jpg
60-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1693.jpg
61)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1753.jpg
62)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1758.jpg
63)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127524.jpg
64-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127525.jpg
64-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127896.jpg
65)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127940.jpg
「乗り合いテンプー」を作っている工場があったので、中をのぞいてみた。たずねると、この乗り物は「ショジョンガリ」というそうだ。溶接でシャーシから造っているところだった。エンジンはトヨタのもを使うらしい。「これ、一台いくらするの?」と聞くと、「200,000 TAKA」との答え。日本円に換算すると、約25万円ほど。


孟加拉国 | 麥門辛 (ダッカ地区)
バングラデシュ、マイメイシン(ダッカ地区)
Mymensingh, Dhaka Division, Bangladesh

2013年05月20日

乗り物図鑑「乗り合いテンプー」マイメイシン編 (1) -Bangladesh-

アジアにはそれぞれの国で独自の進化を遂げたユニークかつ名物的な乗り物がけっこうあるけれども、バングラデシュはその中でもちょっと特別で奇妙というかクレイジーなものが多い。バスにしても、CNGにしても近隣国で似た乗り物があっても、バングラにくるとえらく異なって見える。その一番の理由は、車体のカラーリングの影響が大きいからだと思う。マイメイシンで見かけた「シュジョンガリ(僕の聞き方がいまひとつ通じてないようだったで、はたしてこの呼び方であっているのかは不明)」という、乗り物を初めて見たときは目が釘付けになった。一台一台に施されたプリミティヴなハンドペイントを見ていると、なんだかほのぼのとした気分になってしまう。乗り合いテンプー(Tempo)のようなこの乗り物はオート三輪の後部に平椅子付きの荷台が付いていて、約12人ほどが乗れるようになっている(大きいものだと15〜20人位は乗れる)。タイでいうソンテウのような感じで、ある決まったルートを巡回している。ダッカやチッタゴンでも数は少ないが似たタイプのものを見かることがあった。ただ、都市部を走っているものはもっとまともな装飾だったので、あまり印象に残ってなかった。ここマイメイシンのものはかなり特異だった。このあたりではベビータクシやCNGの数は少なく、この乗り合いテンプーが庶民の足になっていた。そのため走っている数も多い。僕は街に着くなり、すっかりとこの乗り物が気に入ってしまい、こいつらを撮影するためにマイメイシンの滞在を2日延ばすことになった。そのおかげで後日バングラ出国がぎりぎりになってしまうことになってしまうのだけれども。


AutoRickshaw-MYMENSINGH-1487.jpg
01-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1489.jpg
01-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1488.jpg
01-c) detail, Flower Painting


AutoRickshaw-MYMENSINGH-1591.jpg
02-a) この色の組み合わせは最高!

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1592.jpg
02-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1528.jpg
03-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127805.jpg
03-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127834.jpg
04-a) なんかカリメロを思い出す風貌。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127832.jpg
04-b) detail, Front View 'Birds and Flowers'

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1619.jpg
05-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1620.jpg
05-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1629.jpg
06-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1630.jpg
06-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1652.jpg
07)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1654.jpg
08) ツートーンの色合いがかわいい。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1721.jpg
09-a) なんかすごいいかついルックス。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1725.jpg
09-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1728.jpg
09-c) detail, Close Up

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1656.jpg
10)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1659.jpg
11-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1660.jpg
11-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1662.jpg
11-c) detail, Close Up

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1729.jpg
12)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1689.jpg
13-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1690.jpg
13-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1783.jpg
14-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1786.jpg
14-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1673.jpg
15-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1674.jpg
15-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1677.jpg
16-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1678.jpg
16-b) detail, Left Side View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1767.jpg
16-c) detail, Right Side View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1686.jpg
17-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1684.jpg
17-b) detail, Front View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1569.jpg
18)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1771.jpg
19)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127830.jpg
20)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1788.jpg
21)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1588.jpg
22)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1602.jpg
23-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1605.jpg
23-b) detail, Left Side View

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1562.jpg
24)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127528.jpg
25-a) マイメイシンに初めて到着し、バスターミナルを出たすぐ目の前にコイツが停まっていた。色使い、車体のデザイン、どこかカリメロにも似たこのカワイさに思わず一目ぼれした。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127531.jpg
25-b) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127532.jpg
25-c) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1737.jpg
26-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1735.jpg
26-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1535.jpg
27-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127848.jpg
27-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1664.jpg
28)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1741.jpg
29-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1743.jpg
29-b) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1608.jpg
30-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1609.jpg
30-b) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1701.jpg
31-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1704.jpg
31-b) なんかちょっとすねた感じ。ちぇっ。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1703.jpg
31-c)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1567.jpg
32-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1566.jpg
32-b) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1616.jpg
33-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1617.jpg
33-b) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1773.jpg
34-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1775.jpg
34-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1774.jpg
34-c)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127926.jpg
35-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127927.jpg
35-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1747.jpg
36-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1751.jpg
36-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1749.jpg
36-c)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1692.jpg
37) 一つ目の河童みたいな風貌。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1621.jpg
38)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1575.jpg
39-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127875.jpg
39-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127871.jpg
39-c)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1611.jpg
40)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1762.jpg
41-a) 年季が入っている。

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1761.jpg
41-b) detail

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1580.jpg
42)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1694.jpg
43)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1744.jpg
44)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127928.jpg
45)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127816.jpg
46)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127841.jpg
47-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1534.jpg
47-b)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1716.jpg
48)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1779.jpg
49)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-R0127938.jpg
50)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1598.jpg
51-a)

AutoRickshaw-MYMENSINGH-1600.jpg
51-b) detail


孟加拉国 | 麥門辛 (ダッカ地区)
バングラデシュ、マイメイシン(ダッカ地区)
Mymensingh, Dhaka Division, Bangladesh


2013年01月01日

乗り物図鑑「オートリキシャとベビータクシー」ナラヤンガンジ編 -Bangladesh-

AutoRickshaw-Narayanganj-R0124969.jpg
宮崎駿の映画に出てきそうな風貌。

AutoRickshaw-Narayanganj-R0124929.jpg
デパート屋上の遊具にありそうなポップなカラーリング。

AutoRickshaw-Narayanganj-R0124926a.jpg

AutoRickshaw-Narayanganj-R0124930.jpg

AutoRickshaw-Narayanganj-R0124924.jpg

AutoRickshaw-Narayanganj-R0124972.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124960.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124965.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124944.jpg
チョロQを思い出させるずんぐりした車両後部。10円玉はさんでウィーリーとかしたなぁ、とか。

BabieTaxi-Narayanganj-R0124947.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124942.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124949.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124958.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124975.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124934.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124933.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124971.jpg

BabieTaxi-Narayanganj-R0124976.jpg
屋根瓦の日本の家のような、城のような奇妙な建物が描かれている。

オートリキシャ(オート三輪車)は、国や地域によってそれぞれ呼び名が変わり、車体の仕様も異なる。バングラデシュでは2サイクルエンジンで走るベビータクシー、それに替わる圧縮天然ガスを燃料にした「CNG」と呼ばれる車が主に走っている。ベビータクシーは排気ガスによる空気汚染が問題になっているので、最近ではなくなりつつある。CNGは車体・性能などがベビータクシーと比べると格段にアップしているのだろうけど、古いベビータクシーの方が乗り物として面白いと思う。


孟加拉国 | 納拉央干 (達卡 / 达卡区)
バングラデシュ、ナラヤンガンジ (ダッカ地区)
Narayanganj, Dhaka (Dacca) Division, Bangladesh
map-bangladesh-narayanganj.jpg

2012年11月03日

乗り物図鑑「オートリキシャ」チャンプール編 -Bangladesh, 2011-

Chandpur-R0125718.jpg

Chandpur-R0125882.jpg

Chandpur-R0125714.jpg

Chandpur-R0125716.jpg

Chandpur-R0125719.jpg

Chandpur-R0125717.jpg

Chandpur-R0125724.jpg
クラクションのボタンが壊れてなくなったせいか、残ったピンクのコードから出ている電線を指でつないで、都度鳴らしていた。

Chandpur-R0125876.jpg

Chandpur-R0125850.jpg

Chandpur-R0125902.jpg

Auto Rickshaws at Chandpur, Bangladesh

チャンプールの電動オートリキシャは、見てくれは悪いけれど一台一台手作り感が出ていて面白い。記憶の隅にひっかかるどこか懐かしい感じがするので、ずっとそれが何なのかを考えていた。で、ようやく思い出す。チャンプールで見たオートリキシャに懐かしさを感じたのは、どおくまんの漫画「熱笑!花沢高校」に出てくる個性的な改造バイクやったなぁと。主要な登場人物らの乗り回すバイクがSFチックですごくカッコイイ。この漫画、最初は下品なギャグ漫画(3巻くらいまで)やったのが、段々と硬派なアクション漫画変わっていき、最後はストーリーが壮大になりすぎて現実感がなくなるという強烈な作品。登場人物は皆、高校生の設定やのに、キャバクラ通いしてたり、ミサイルやらヘリが出てきたりと相当無茶苦茶。でも、読んでいるときはストーリーに引き込まれて、全く気にはならないのが不思議なところ。改めて冷静になって読み返すと、そのありえなさにけっこう笑える。クライマックスにかけては、戦国時代の兵法なんかが下敷きになっているので読み応えがある。獣田と火野の二人がCOOL。
いや、しかし、チャンプールの電動オートリキシャはカッコイイ。
「熱騰!孟加拉摩托車」


孟加拉国 | 昌コ浦 (吉大港区)
バングラデシュ、チャンプール (チッタゴン地区)
Chandpur, Chittagong Division, Bangladesh
map-bangladesh-chandpur.jpg

2012年10月26日

Auto Rickshaws & Vans -Kolkata- コルカタの3輪自動車

AutoRickshaw-Kolkata-2874.jpg
古いタイプはすごいごっつい。トラックみたいだ。

AutoRickshaw-R0129706.jpg

AutoRickshaw-R0129783.jpg

AutoRickshaw-R0129784.jpg

AutoRickshaw-R0129501.jpg
ハウラー駅近く。

AutoRickshaw-R0129704.jpg

AutoRickshaw-R0129935.jpg

AutoRickshaw-R0129701.jpg

AutoRickshaw-R0129703.jpg

AutoRickshaw-2616.jpg

AutoRickshaw-R0129709.jpg

Van-Kolakata-R0129381.jpg
こちらは普通の4輪車。

Van-Kolakata-R0129699.jpg
こちらは普通の4輪車。

バングラデシュからコルカタに来ると、トラックのペイントがガラッと変わるのが分かって面白い。バングラデシュはイスラム教の国なので、車体に人の姿をしたもの(偶像)が描かれることはほとんどないけれど、インドはヒンドゥの国なので、その神様がけっこう描かれている。


印度 | 加爾各答(加尓各答)- 西孟加拉邦
インド、西ベンガル州・コルカタ (カルカッタ)
Kolkata (Calcutta), West Bengal State, India
map-india-kolkata.jpg

2012年10月09日

乗り物図鑑「タイのトゥクトゥク] -Bangkok & Hua Hin編-

TukTuk-Bangkok-R0130084.jpg
カオサン裏のRambtri Rd(ランブトリ通り), Bangkok

TukTuk-Bangkok-R0130085.jpg
Bangkok

TukTuk-Bangkok-R0099554.jpg
Bangkok

TukTuk-HuaHin-R0130103.jpg
Hua Hin

TukTuk-HuaHin-R0130105.jpg
Hua Hin

TukTuk-HuaHin-R0130124.jpg
Hua Hin

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ この「アジア・乗り物図鑑」シリーズは高画質版もあります。
・サイズは、最大で3600 X 2700 pixelまで。
・Jpeg File
(詳細はメールにて)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

泰国 | タイ(Thailand)

2011年11月30日

パクセのトゥクトゥク

TukTuk-Pakse.jpg
*Click for Large (p1-2)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
●アジア乗り物図鑑・ラオス編
「パクセのトゥクトゥク」

 流体力学の研究から生まれた、最新の流線型をした車たちと比べると、不器用に角ばった、どこか垢抜けないラオスの乗り物は、洗練さとは全く程遠いが、記憶の片隅に残る懐かしい風貌と、おもちゃのような愛くるしい姿がとても魅力的だ。
 特にラオス南部の街パクセで、今も走っている旧式のTUKーTUKは、くすんだ車体にステッカーや飾り付けをして、派手さをアピールしているのだけれども、度が過ぎていくほどに、21世紀社会から、どんどんと遠ざかっていくようで面白かった。隣国タイで走る、ラメ塗装でピカピカに輝いた、新型のTUKーTUKと較べてしまうと、ラオスのTUKーTUKを見る目には、考古学的な眼差しが混じってしまうが、なぜか親近感が沸く。
 まだまだ現役のラオスのTUKーTUKが、近代工業の遺産となる日が来ない事を願って、その走る姿をじっと追いかけた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

老撾 | 巴色
ラオス、パクセ
Pakse (Paxse), Laos
map-laos-pakse.jpg

2011年11月01日

乗り物図鑑「バングラデシュのCNGとベビー」 -2011-

■ at Dhaka(達卡/达卡、ダッカ)
R2N-R0127167.jpg
全くロマンチックに見えないバラの花のステッカー。

R2N-R0127164.jpg
インドのタージ・マハル(らしき)を描いた後部。一体何と混ざった?

カンチプール(Kanchpur)の市場前にて、派手な装飾のベビー。ダッカの中心部では、このようなカラフルな装飾の車両は見られなかったけれども、市内から少し離れると派手なのが走っていた。

R2N-R0124675.jpg
一般的なCNGは緑色の車体です。
それ以外のカラーリングのものはプライベート車だそうです。

R2N-R0124673.jpg
お洒落すぎるピンク。

R2N-R0123246.jpg

R2N-R0124430.jpg
郵便局(GPO)にて。郵便局専用。

R2N-R0123077.jpg
一般的なCNG

R2N-R0123391.jpg

R2N-R0122986.jpg
Shah Jalal International Airport(シャージャラル国際空港)
http://shahjalalairport.com/


R2N-R0123009.jpg
■ CNGは檻の中
「ん?何だ。見慣れねぇ生き物が乗ってるなぁ」と覗き込むリキシャワラ。バングラデシュでは、圧縮天然ガス(Compressed Natural Gasの略)を燃料にして走る三輪オートリキシャの事を「CNG」と呼んでいる。タクシーと同じように使われている。一応メーター制で、料金はこれに準じて加算されていく。ただ、メーターは壊れている場合が多く、乗る時に値段交渉しておいた方がいい。乗客が乗る後部席は防犯の為に、檻で囲われていているのだけれども、どうも護送車に乗っているような感じになる。
シャージャラル国際空港(旧称=ジア国際空港)からモティジールへと向うCNGの中から。渋滞で停車中。

R2N-R0123000.jpg
リキシャも全力で走れば、CNGと変わらない速さ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ at Chittagong(吉大港、チッタゴン)
R2N-R0126165.jpg

R2N-R0126161.jpg

R2N-R0126164.jpg

R2N-R0126073.jpg

R2N-R0126879.jpg
■ CNGでお昼寝
チッタゴンのクリケット・スタジアムの向かいに走る「Shahid Saifuddin Khaled Rd. 」の裏にある路地の片隅。子供たちの笑い声や掛け声が響く中、運転手はビルの陰にCNGを停め、すやすやと昼寝をしていた。
「Portrait - ビルキス」
http://tavola-world.seesaa.net/article/205732342.html


R2N-R0126934.jpg

R2N-R0126933.jpg
ちょっと色気づいたカラーリングのCNG。Kadamtale Bus Station(カダムタリ・バス・ステーション)前にて。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ at Comilla(クミッラ/コミラ、庫米拉)
R2N-R0125494.jpg

R2N-R0125493.jpg
アイス運搬用(広告?)の青塗りCNG。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
孟加拉国 | バングラデシュ | Bangladesh
map-bangladesh-dhaka.jpgmap-bangladesh-Chittagong.jpgmap-bangladesh-comilla.jpg
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2011年07月08日

顔のあるオートリキシャ -Mymensingh, Bangladesh-

R2N-R0127887.jpg

鼻を光らせて暗闇を照らします。
言葉は「BeePoo」とだけしか喋れません。
目がでっかいので、きっと遠くまで見通せそうだ。

出会いがしらにこいつが現れたらけっこうコワイね。。
顔のある車、電動オートリキシャ。


孟加拉国 | 麥門辛 (達卡 / 达卡地区)
バングラデシュ、マイメイシン(ダッカ地区)
Mymensingh, Dhaka Division, Bangladesh
map-bangladesh-mymensingh.jpg

2011年07月05日

バングラと中国、世界最強のタッグ

R2N-R0125227.jpg
電動オートリキシャの組立て工房の倉庫。

R2N-R0125230.jpg
組立工の青年。

R2N-R0125219.jpg
後部の車輪カバーには「Made in China」の文字。

R2N-R0125233.jpg
組立工の青年。

R2N-R0125217.jpg
モーター部分。

R2N-R0125225.jpg
充電式のバッテリーは、ひとつ9,000 - 10,000TK。バッテリーの寿命は約一年。

R2N-R0125234.jpg

クミッラのRace Course Rd.沿い、僕の泊まっていた「Q-Palace」というホテルの近くに電動オートリキシャのショールームと組立て工房があった。この街を走っていたリキシャの大半は、今、この電動オートリキシャに取って代わられていて、道路を埋め尽くすように走っている。3年前ここへ訪れた時には、電動オートリキシャなどは一台もなかったので、古きリキシャを駆逐して爆発的に増えている今のこの街の光景に非常に驚いた。

工房の入口へ出向くと、中からマネージャーの男アラファトが現れ歓迎し、工房の中へと招き案内してくれた。バングラデシュはこのフレンドリーさが素晴らしい。日本のように、規則だの、責任を取りたくないだけの保守的な事前防御で片付けてしまう閉鎖性と窮屈さを知っているとなおさらそう思える。アジアの国々の成長の著しさは、案外こういったことから来ているのだろうと思う。

電動オートリキシャの製作を見せてもらう。工房の奥にはそれぞれの部品が分けられて積まれていた。車の本体、シャーシ、モーター、バッテリー、大きなフロントガラスなどが揃っている。世界の工場・中国から送られてくるこれらパーツを人件費の安い(*)とされるバングラで組立てる。この工程を見て、バングラと中国は世界最強の組み合わせだなと思った。

アラファトは「工房の隣にショールームがあって、そこで今、ボス (社長) が会議をしているから、紹介するよ」と言って、ショールームの会議部屋へと案内してくれた。奥の部屋に入ると6人ほどの男たちが、薄明かりの中で顔を突き合わせていた。その真ん中にいたボスに挨拶をし、周りの人をひととおり紹介してもらった。ボスと言うだけあって、ピリッと空気を絞めるほどの貫禄が十分にある。ちょうど会議は終了したところで「聞きたいことがあるのなら、この営業部長に聞いてくれ」と言い残して次の商談へと向かって行った。

ボスが離れると、皆やや緊張の糸が解けた様子で部長を残し、バラけて会議の部屋から出て行った。部長は厚みのある資料をまとめながら、「何か聞きたい事ある?」と尋ねてきたので、「ここの車は一ヶ月に何台ほど売れているの?」と聞いてみた。部長は「500台 (500 Pieces)」と即答した。僕はあまりの多さに聞き間違えたと思い再度「え!一ヶ月に500台も?」とオウム返しをする。それでも、部長は「ああ、500台だよ」と平然と言うので、この質問はここで止めた。あと二、三質問してアラファトとまた工房へと戻った。

ここで作られる電動オートリキシャの値段は一台120,000TK。
撮影当時 (Feb. 2011) のレート、1ドル=71.3TK / 1ドル=82.44円で計算すると、一台が1,683ドル、日本円では約13.8万円となる。決して安くはない(モノを見ると余計に)。

ただでさえ停電が多く、電力供給が不安定なバングラデシュなのに、この電動オートリキシャがこのまま増え続けていったら、電気の供給が間に合わないんじゃないかと心配してしまった。


(*)
実際は人件費、物価が安いのではなく、対外為替レートの差によるものなので、それを知らずに(物価や人件費が)高い、安いというのは間違っている。ここで、その部分は省いています、念のため。


孟加拉国 | 庫米拉 (吉大港区)
バングラデシュ、クミッラ (コミラ) / チッタゴン地区
Comilla, Chittagong Division, Bangladesh
map-bangladesh-comilla.jpg