2015年03月24日

Russian Girl

RussianGirl-Mar-2015.jpg
"Russian Girl"
oil on canvas (Mar. 2015 / 220 x 273mm)



■ Past Works
flight attendant-01.jpg
"Flight Attendant #01"
oil on canvas (Mar. 2013 / 220 x 273mm)

■ Worlds' Stewardess Crews
http://worldscrews.blogspot.jp/
世界のスチュワーデスに関する情報・広告や写真(コスプレ含む)などが沢山載っているサイト。

posted by J at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ Paintings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

Small Painting #02 -Moscow-

本日、5/9はロシアの戦勝記念日(Victory Day / День Победы)だそうで祝日とのこと(連合国軍に対しドイツが無条件降伏文書にサインした日の翌日にあたり、フランスなど欧州では5/8になっている)。

SmallPainting-Moscow-MAY-2013.jpg
oil on plywood, May. 2013 / 145 x 72mm
ロシアのアンティーク・バッジの図案をもとにした小さな油絵。

SmallPainting-Moscow-MAY-2013-b.jpg
detail 1

SmallPainting-Moscow-MAY-2013-c.jpg
detail 2
posted by J at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ Paintings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

バベルの塔の狸、より

paint-babel-tanuki.jpg
acrylic on canvas, Jan. 2012 / 220 x 273mm

安部公房「バベルの塔の狸」より、
主人公の詩人が、現れた狸に似た動物に自分の影を引きちぎられるシーン。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

大好きな作家、安部公房の「壁」に収めれている短編作品「バベルの塔の狸」の中のワンシーンを描いたものです。

この物語は、主人公である(足フェチの)詩人が公園のベンチでたたずんでいると、見たこともない動物(後で自分自身の空想から生み出された生き物とわかる)が現れ、その瞬間に、自分の影を食いちぎられて肉体が消えてしまうという、とても不思議な場面から始まります。一般的には「実像」があって「影」という現象が生まれるのですが、この物語では、現象である「影」が奪われることによって「実像」がなくなってしまうという(主従の)逆転現象を元に話が進んでいきます。

「壁」は3部構成でまとめられた短編集で、冒頭第一部の「S・カルマ氏の犯罪」は芥川賞受賞作で知られています。こちらは「不思議の国のアリス」を彷彿とさせる、頭のこんがらかる作品で、「砂の女」から安部作品に入った僕には、けっこう難解な物語だった。他収録作品も、非現実的な話ばかりなのですが、随所に当時の日本の社会の様子(戦後復興?の勢い)が強く感じられ、「日本」という共同体の中で、期待と不安が混在していた時代だったんだろうなと思えた。この本は、そんな中から必然的に生まれた作品に思えた。

少しそれて、安部さんはイギリスのプログレ・バンド、ピンク・フロイドのファンだったそう(むしろ、そっちに驚きが)で、このフロイドも、そんな事を知っていたのかは分かりませんが「The Wall(壁)」という、安部さんのこの小説と同じタイトルのアルバム(2枚組の大作)を1979年に発表しています。もちろん、内容は両者全く異なるものですが、時代と国を越えて、この二つの素晴らしい作品を見聞きできる嬉しさは、またとないものです。(安部さんの「壁」は1951年の発表)

abekoubou-kabe.jpg
posted by J at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ Paintings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

Blow

talk to the wind.jpg
oil on paper, past days / 300 x 300mm

高校生の時に描いた油彩による線画です。原画を複写したもの。
すごく気に入っているので、ずっととっておいた一枚。
今は、もうこういった絵は描けない。

当時は、クレーとルドンに強く影響を受けていた。

posted by J at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ Paintings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

羽根を持った4本足の生き物

4 legs thing with wing.jpg
acrylic on canvas, Dec. 2011 / 220 x 273mm

「羽根を持った4本足の生き物」
三角形を主にした平面構成。

posted by J at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ Paintings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バンコク ホテル格安プラン