2015年02月10日

乗り物図鑑「コルカタのローカルバス」

KolkataLocalBus-top.jpg

上画像は、コルカタを走る路線バスの乗車券のコラージュ。この小さな乗車券が欲しいがために、バスに乗ったりもした。乗車券は、不要になった書類などを短冊状に切ったものに、路線番号やバス会社の通しナンバーと運賃をスタンプした、お手製リサイクル仕様。バスの利用客は多いのだから、印刷した乗車券を作れば手間がかからないとは思うんだけれども、人口の多いインドだけに(特にコルカタはインド主要都市のなかで最も過密している)、印刷代よりも人件費のかかる手作業の方が安上がりだったりするのかもしれない。
こうやって並べ見ると、乗車券の土台になる紙がその日によって違うだろうから、かえって偽造されにくいのかも。400や600といったスタンプ数字が運賃で、補助通貨パイサ表記(400パイサ=4ルピー)。パイサは、日本でいえば十銭、二十銭といった感じで、もうほとんど流通してない。

日本や先進国の公共交通では、機能優先という目的で何もかもがオートメーション化され、機械印字の味気のない切符や、ICチップを埋め込んだ乗車カードがすっかり定着していて、それらは利便性の高い一面はあるものの、僕からすると何かさびしいものがある。いずれコルカタでも、今あるような手作り乗車券は姿を消してしまうのだろう。そういえば、ぼくが子供の頃、鉄道各社はまだ自動改札にはなっておらず、切符も硬い厚紙に通し番号なんかが、刻印されたものだった。駅の係員が"改札鋏"で、厚みのある切符を一枚一枚パチンと撥ねて検札していた。ときどき、歯切れが悪かったりして何度も噛んだ痕が切符に残り、端っこが鍵のようにギザギザになったりなんかした。そういった打ち損ないの切符を握りしめ、指の腹で凹凸を感じながら車窓を眺めたり、皮膚の感覚と視覚の景色が移動の中で結びついていた。改札の通路には切符の破片が星屑のように落ちていて、足元を見ると、ああ、これだけの人が電車に乗ったんだなと、ひと目でわかるところがあった。オイスターバーの床のような風情。また、あの切符を切る音、聞きたいな。

KolkataLocalBus-01.jpg
フロントに「TATA」のロゴが入っているけれども、これはタタ社製のものではなく、おそらく部品を寄せ集めて造った車体だと思う。コルカタではカラフルな車ばかり走っているので、真っ白なものはすごく目に付いた。アルビノのヤマタノオロチっぽくて、かっこいい。続く「Euro II」の文字は一見車名のように見えるが、欧州基準のディーゼル・エンジンの規格名のよう。字面というか響きはすごくいいんだけど。

KolkataLocalBus-02.jpg
コルカタのローカルバスは、タタ社製がほとんどで、あとはアショーク社かアイシャー・モーターズ製が少しといった感じだった。お隣バングラデシュと比べると、カラーリングがずいぶんと違う。バングラデシュのローカル・バスは色面や構成で華やかさを出しているが、コルカタのローカル・バスは細かなペインティングが施され、やや技巧的なところがある。運営会社、運行ルートによって車体カラーがはっきりと分かれているのは、交通網がきちんと機能し、整備されている証拠だなと思った。インドの人は、アジア文化圏の中では唯一といっていいくらいロジックがしっかりしているので、そのことが影響しているのかも。
街は砂埃がひどく、乾燥しているせいもあって、水色のカラーリングは一種、涼を感じさせるものがある。そういえば、バスの車体に個性があって面白いのは近郊を走る短距離の旧式のバスで、長距離バスになると車体が新しくなって、急に面白さがなくなる。ただ、乗り心地や快適性(クーラーなどが付いて)は長距離バスに軍配が上がり、市内を走るバスはといえば、あまり良いものではない。長い時間乗るものではないから、そう気になることはないけれども、良い面ばかり揃わないのはバスも同じなのだなと。

KolkataLocalBus-03.jpg
どことなく東欧を思わせるモダンな色使い。

KolkataLocalBus-04.jpg

KolkataLocalBus-05.jpg

KolkataLocalBus-06.jpg

KolkataLocalBus-07.jpg

KolkataLocalBus-08a.jpg
バスの運転席。ヒンドゥの神の絵や花飾りが中央の一番目立つ場所に祭られている。こういった装飾はインドらしい(お隣バングラデシュでは、みかけなかった)。店でも、街角でも、どこへいっても神を祭る祭壇があって、日常的に神々の存在を意識しているのがよくわかる。元日だけ、突然思いたったように神社に押しかける信心ない日本とは、えらい違いだ。神さまは365日いつでも見守っている。

KolkataLocalBus-09.jpg

KolkataLocalBus-10.jpg

KolkataLocalBus-11.jpg

KolkataLocalBus-12.jpg
ちょびヒゲ顔のバスがかわいい。

KolkataLocalBus-13.jpg
ナンバー・プレートは手描きペイント。

KolkataLocalBus-14.jpg

KolkataLocalBus-15.jpg

KolkataLocalBus-16.jpg

KolkataLocalBus-17.jpg

KolkataLocalBus-18.jpg



印度 | 加爾各答(加尓各答)- 西孟加拉邦
インド、西ベンガル州・コルカタ (カルカッタ)
Kolkata (Calcutta), West Bengal State, India
map-india-kolkata.jpg

2014年01月27日

乗り物図鑑「バングラデシュの楽しいバス」 -Chittagong編(2)- / 51-100

Chittagong-Bus-41b-R0126921.jpg
51-a)

Chittagong-Bus-41a-R0126917.jpg
51-b)

Chittagong-Bus-52-R0126579.jpg
52)

Chittagong-Bus-53a-R0126558.jpg
53-a)

Chittagong-Bus-53b-R0126560.jpg
53-b)

Chittagong-Bus-54-R0126562.jpg
54)

Chittagong-Bus-55-R0126596.jpg
55)

Chittagong-Bus-56-R0126792.jpg
56)

Chittagong-Bus-57-R0126507.jpg
57)

Chittagong-Bus-58-R0126512.jpg
58)

Chittagong-Bus-59a-R0126780.jpg
59-a)

Chittagong-Bus-59b-R0126782.jpg
59-b)

Chittagong-Bus-59c-0946.jpg
59-c)

Chittagong-Bus-59d-0950.jpg
59-d)

Chittagong-Bus-59e-0947.jpg
59-e)

Chittagong-Bus-59f-0945.jpg
59-f)

Chittagong-Bus-60-R0126501.jpg
60)

Chittagong-Bus-61a-0953.jpg
61-a)

Chittagong-Bus-61c-R0126785.jpg
61-b)

Chittagong-Bus-61c-R0126787.jpg
61-c)

Chittagong-Bus-61d-R0126790.jpg
61-d)

Chittagong-Bus-62a-R0126793.jpg
62-a)

Chittagong-Bus-62b-R0126795.jpg
62-b)

Chittagong-Bus-62c-R0126791.jpg
62-c)

Chittagong-Bus-63-R0126718.jpg
63)

Chittagong-Bus-64-R0126756.jpg
64)

Chittagong-Bus-65-R0126753.jpg
65)

Chittagong-Bus-66-R0126751.jpg
66)

Chittagong-Bus-67-R0126750.jpg
67)

Chittagong-Bus-68-R0126528.jpg
68)

Chittagong-Bus-69-R0126749.jpg
69)

Chittagong-Bus-70-R0126696.jpg
70)

Chittagong-Bus-71-R0126827.jpg
71)

Chittagong-Bus-72-R0126697.jpg
72)

Chittagong-Bus-73-R0126752.jpg
73)

Chittagong-Bus-74a-R0126531.jpg
74-a)

Chittagong-Bus-74b-R0126534.jpg
74-b)

Chittagong-Bus-74c-R0126536.jpg
74-c)

Chittagong-Bus-74d-R0126538.jpg
74-d)

Chittagong-Bus-74e-R0126539.jpg
74-e)

Chittagong-Bus-75-R0126540.jpg
75)

Chittagong-Bus-76-R0126658.jpg
76)

Chittagong-Bus-77-R0126678.jpg
77)

Chittagong-Bus-78-R0126662.jpg
78)

Chittagong-Bus-79-R0126775.jpg
79-a)

Chittagong-Bus-79b-R0126777.jpg
79-b)

Chittagong-Bus-79c-R0126776.jpg
79-c)

Chittagong-Bus-80-R0126643.jpg
80)

Chittagong-Bus-81-R0126831.jpg
81)

Chittagong-Bus-83-R0126910.jpg
82)

Chittagong-Bus-82-R0126836.jpg
83)

Chittagong-Bus-84-R0126505.jpg
84)

Chittagong-Bus-85-R0126553.jpg
85)

Chittagong-Bus-86-R0126629.jpg
86)

Chittagong-Bus-87-R0126555.jpg
87)

Chittagong-Bus-88-R0126630.jpg
88)

Chittagong-Bus-89-R0126687.jpg
89)

Chittagong-Bus-90-R0126693.jpg
90)

Chittagong-Bus-91a-R0126819.jpg
91-a)

Chittagong-Bus-91b-R0126818.jpg
91-b)

Chittagong-Bus-92-R0126820.jpg
92)

Chittagong-Bus-93-R0126495.jpg
93)

Chittagong-Bus-94-R0126486.jpg
94)

Chittagong-Bus-95a-R0126514.jpg
95-a)

Chittagong-Bus-95b-R0126515.jpg
95-b)

Chittagong-Bus-96-R0126550.jpg
96)

Chittagong-Bus-97-R0126566.jpg
97)

Chittagong-Bus-98-R0126624.jpg
98)

Chittagong-Bus-99-R0126652.jpg
99)

Chittagong-Bus-100a-R0126724.jpg
100-a)

Chittagong-Bus-100-R0126745.jpg
100-b)


孟加拉国 | 吉大港 (吉大港区)
バングラデシュ、チッタゴン (チョットグラム) / チッタゴン地区
Chittagong, Chittagong Division, Bangladesh
map-bangladesh-Chittagong.jpg

バングラデシュのバスチケット -2008-

BusTicket-Shyamoli.jpg
Shyamori Paribahan(シャモリ・パリバハン)
Dhaka to Kushtia / 250 Taka

BusTicket-S.Alam.jpg
S. Alam Service
ルート詳細は不明。

BusTicket-ComillaTransport.jpg
Comilla Transport
Comilla to Sylhet / 250 Taka

BusTicket-BRTC.jpg
B.R.T.C. (Bangladesh Road Transport Corporation)
ルート詳細は不明。

写真はバスチケットの表紙で、中に座席表などを印刷したページが2、3枚付いて綴じられている。

2014年01月10日

乗り物図鑑「バングラデシュの楽しいバス」 -Chittagong編(1)- / 01-50

チッタゴン編は撮った量が膨大にあり、とても一気に整理できそうになかったので放置したままだった。フォルダーを開くのも怖かった。やっとひと通りを把握し、客観的に見れるようになった。選んでみたところ2、300枚ほどになりそうなので、数回に分けてアップします。

Chittagong-Bus-01-0927.jpg
01)

Chittagong-Bus-02-R0126492.jpg
02)

Chittagong-Bus-03a-R0126626.jpg
03-a)

Chittagong-Bus-03b-R0126625.jpg
03-b) Side View

Chittagong-Bus-04a-R0126657.jpg
04-a)

Chittagong-Bus-04b-0934.jpg
04-b)

Chittagong-Bus-04c-R0126655.jpg
04-c)

Chittagong-Bus-05-R0126672.jpg
05)

Chittagong-Bus-06-R0126674.jpg
06)

Chittagong-Bus-07-R0126668.jpg
07)

Chittagong-Bus-08-R0126695.jpg
08)

Chittagong-Bus-09-R0126642.jpg
09)

Chittagong-Bus-10a-R0126725.jpg
10-a)

Chittagong-Bus-10b-R0126728.jpg
10-b)

Chittagong-Bus-10d-R0126730.jpg
10-c)

Chittagong-Bus-10c-R0126729.jpg
10-d)

Chittagong-Bus-10e-R0126731.jpg
10-e)

Chittagong-Bus-13-R0126703.jpg
11)

Chittagong-Bus-12-R0126721.jpg
12)

Chittagong-Bus-11-R0126720.jpg
13-a)

Chittagong-Bus-11b-R0126713.jpg
13-b)

Chittagong-Bus-14a-0930.jpg
14-a)

Chittagong-Bus-14c-0932.jpg
14-b)

Chittagong-Bus-15-R0126633.jpg
15)

Chittagong-Bus-17a-R0126762.jpg
16-a)

Chittagong-Bus-17b-R0126763.jpg
16-b)

Chittagong-Bus-16a-R0126759.jpg
17)
Chittagong-Bus-19-R0126773.jpg
18)

Chittagong-Bus-18a-R0126770.jpg
19-a)

Chittagong-Bus-18b-R0126772.jpg
19-b)

Chittagong-Bus-20-R0126646.jpg
20)

Chittagong-Bus-21a-R0126706.jpg
21-a) なんだかガンダムみたいなカラーリング。

Chittagong-Bus-21b-0938.jpg
21-b)

Chittagong-Bus-22-R0126617.jpg
22)

Chittagong-Bus-23a-1015.jpg
23-a)

Chittagong-Bus-23b-1017.jpg
23-b)

Chittagong-Bus-23c-R0126912.jpg
23-c)

Chittagong-Bus-23d-R0126913.jpg
23-d)

Chittagong-Bus-24-R0126644.jpg
24)

Chittagong-Bus-25-R0126654.jpg
25)

Chittagong-Bus-26-R0126648.jpg
26)

Chittagong-Bus-27a-R0126743.jpg
27-a)

Chittagong-Bus-27b-R0126744.jpg
27-b)

Chittagong-Bus-28-R0126741.jpg
28)

Chittagong-Bus-29-R0126717.jpg
29)

Chittagong-Bus-30a-R0126684.jpg
30-a)

Chittagong-Bus-30b-R0126685.jpg
30-b)

Chittagong-Bus-31a-R0126732.jpg
31-a)

Chittagong-Bus-31b-R0126734.jpg
31-b)

Chittagong-Bus-31c-R0126737.jpg
31-c)

Chittagong-Bus-32a-R0126738.jpg
32-a) キカイダーに出てきそうなカラーリング。

Chittagong-Bus-32b-R0126647.jpg
32-b)

Chittagong-Bus-33-R0126686.jpg
33)

Chittagong-Bus-34-R0126778.jpg
34)

Chittagong-Bus-35-R0126816.jpg
35)

Chittagong-Bus-36a-R0126680.jpg
36-a)

Chittagong-Bus-36b-0933.jpg
36-b)

Chittagong-Bus-37a-R0126688.jpg
37-a)

Chittagong-Bus-37b-R0126691.jpg
37-b) ミスドのポン・デ・リングみたい。

Chittagong-Bus-37c-R0126796.jpg
37-c)

Chittagong-Bus-38a-R0126766.jpg
38-a)

Chittagong-Bus-38b-R0126767.jpg
38-b)

Chittagong-Bus-39a-0926.jpg
39-a)

Chittagong-Bus-39b-R0126605.jpg
39-b)

Chittagong-Bus-40-R0126614.jpg
40)

Chittagong-Bus-51-R0126517.jpg
41)

Chittagong-Bus-42a-R0126809.jpg
42-a)

Chittagong-Bus-42b-R0126810.jpg
42-b)

Chittagong-Bus-43a-R0126807.jpg
43-a)

Chittagong-Bus-43b-R0126808.jpg
43-b)

Chittagong-Bus-44-R0126930.jpg
44)

Chittagong-Bus-45-R0126594.jpg
45)

Chittagong-Bus-46a-R0126589.jpg
46-a)

Chittagong-Bus-46b-R0126587.jpg
46-b)

Chittagong-Bus-46c-R0126590.jpg
46-c)

Chittagong-Bus-47-R0126494.jpg
47)

Chittagong-Bus-48-R0126500.jpg
48)

Chittagong-Bus-49-R0126506.jpg
49)

Chittagong-Bus-50-R0126621.jpg
50)

孟加拉国 | 吉大港 (吉大港区)
バングラデシュ、チッタゴン (チョットグラム) / チッタゴン地区
Chittagong, Chittagong Division, Bangladesh
map-bangladesh-Chittagong.jpg

2013年08月07日

コルカタの路線バスのチケット

Kolkata-LocalBus-Tickets-Jul-2013.jpg
(左から)
・シアルダー駅からニューマーケット行き:4ルピー
・エスプラネードからハウラー駅:4ルピー
・ハウラー駅からシアルダー駅:6ルピー
・シアルダー駅からエスプラネード行き:4ルピー

*チケットにスタンプされている運賃は、ルピーではなく、補助通貨パイサの表記になっているものが多い。1ルピー=100パイサ。運賃が4ルピーだと400という数字になる(何枚かのチケットを眺めているうちに、どれも同じように三桁の数字がスタンプされていることに気がつき、はじめは何だろう?と思っていたが、あとでパイサ表記の運賃だとわかった)。現在、インドではパイサはほとんど流通しておらず、僕がコルカタに滞在していたときも見かけることはなかった。日本でいうと、十銭、五十銭といった単位が普段の生活で出てこないのと同じような感じだろう。バスチケットに記された「400パイサ(=4ルピー)」という数字を見ると、インドのインフレ具合がこんなところに現れているんだなと思った。

コルカタを走る路線バスの乗車券は、小さなアート作品のようで見ていて楽しい。集めるともっと楽しい。不要書類などを、短辺が約16〜18mm、長辺が約64mmの短冊状にカットし、そこにバスの車体番号や運賃のスタンプを押したものがバス・チケットになっている。一枚一枚がハンドメイド。なのでスタンプの位置や背景文字がわずかに違っていて同じものがひとつとしてない。チケットは各バスごと、また日にちが違えば下地の紙もまた変わる。それぞれが個性的で捨てるにはもったいなく、また僕の「紙」収集癖(とくに、変わった手触りの紙に文字などが印刷されているものには目がない)も合わさって、旅の日記帳にペタペタと貼るようになっていた。日々、一枚、二枚とノートに貼ってゆくバスの乗車券が増え始めると、少し目的とは違った欲望が生まれてくる。移動するためにというよりも、この小さな乗車券欲しさにバスに乗るようになっていたりして。

KolkataBus-R0129901.jpg
バスの運賃徴収係の手。運行中は手の平に乗車チケットをずっとホールドしているので、暑い日などは汗の水分が紙に吸い込まれて湿気ていたりする。指先にはお釣り用の紙幣(+ 受け取ったお金)を蛇腹折りにし、束ねている。乗客が多いときは当然渡される紙幣も増えるので、指まわりにはびっしりと紙幣が重なり、孔雀が羽根を広げたようにきれいな扇形になる。指先で、いかにうまく紙幣を折りたたみ、美しく見せるかに彼らなりのこだわりがあって、ある種の美学をもっているようだった。肩からは分厚い革のバッグを下げていて、その中につり銭用の硬貨がぎっしりと入っている。小さなバッグだがずしりと重みがある。

KolkataBus-R0129937.jpg
呼び込みの助手。指の甲や手の腹で扉を叩きながら声を張りあげ、乗客に場所や行き先を伝える。走行中は車体のいろんな場所を叩き、リズミカルな演奏をしてたりする。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
"List of bus routes in Kolkata"
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_bus_routes_in_Kolkata
コルカタを走るバスのルートをバス会社、運行車種ごとにまとめた一覧。太字の「番号」ごとに、行き先とおおよその経由地が記されているので、とても便利。

"Calcuttaweb.com"
http://www.kolkataweb.com/bus.php
このサイトは、コルカタの情報がいろいろ載っている。
上記アドレスは、ローカル・バスのルート一覧表。リンク先が変わっている場合は、HP-Topへ移動、「Travel/Tourism」→「Air/Bus/Train」で。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2012年08月12日

バングラデシュの極彩バス -intro-

GulistanBusTerminal-0037.jpg
グリスタン・バス・ターミナルにて。

 バングラデシュのバスは楽しい!とにかく一台一台がド派手なのだ。車体は、まるで、子供の落書き帖をそのまま転写したかのような斬新な色使い、かつ自由奔放な絵が描かれていて、見ていると思わず童心に戻ってしまう。バス・ターミナルへ行くと、カラフルなバスたちが入れ替わり立ち替わりにやって来てはと、色彩の渦が巻いている。その様はさしずめ、フォービズムの画家が手にする絵の具のパレットのようだ。

 バングラデシュのバスの特異さは、カラーリングだけではない。これらバスの繰り広げる運転と交通事情は「混沌」、「無秩序」という言葉がぴったりだ。バングラデシュの道路には交通ルールが全くないと言ってもいい。道を走るバス、CNG、リキシャ、トラック等は前方にわずかな隙間をみつけると、そこをめがけ突っ込むように猛進する。車体を激しくぶつけあい、時には逆走してくる危険な車だってある。なので、クラクションの音と運転手達の発する怒号、そして車体がぶつかり合う金属音が、混み合う道路で耐えず響き渡っている。歩道からこの様子を見ていると、まるでバッファローの群れに遭遇したようなすさまじい迫力があって、この騒々しさは世界一だと思う。こんなことが当たり前になっているので、バスの車体は傷だらけで、せっかくのカラーリングも剥げ落ちて、車体も凹んでいるものばかりだった。まともな状態のバスがはたしてあるのだろうか?とさえ思うくらい。

 さらに走っているバスの約一割ほどは、フロントガラスが銃弾を受けたように思いっきりひび割れている。割れた箇所をテープで補強しているのもあれば、透明な板で接着しているのもあり補修方法は様々だけれども、ガラスを交換することもなく割れたまま平気で走っている。走行中に振動でガラスが砕け散ったりしないのか?とこんなバスに乗り合わせた時は心配になったけれども、運転手も乗客も特に気にしている様子は見られなかった。バングラデシュでの撮影中の移動はほとんどがバスだった。何度かこのようなクラッシュ寸前のバスに乗っているうちに、僕もすっかりと慣れてしまった。そのうちに「あ、今日のは割れてない、ラッキー!」といった風に、若干楽しめるようになっていた。バングラではバスに乗るだけでも、ロシアン・ルーレットをしているかのようなスリルが味わえる。

 撮りはじめた頃はバスのカラーリングやパターンが、地域によって違っているのでは?と思っていたけれど、撮影していくうちにあまりそれらは関係ないことが分かって来た。カラーリングはバス会社、ペインターの好みによるものが大きい。ある程度、共通していたものは、星がモチーフとしてよく使われていたこと。これはバングラデシュがイスラムの国だからというのが関係しているのかもしれない。そして鳥、蝶、飛行機といった空を飛ぶもの、あとは薔薇の花がモチーフとして描かれているものが目立っていた。道路をがさごそと走ってるこれらのバスを見ていると、いつか空を飛ぶんだぞというあこがれを抱きつつ、その果てしない思いを車体に刻みながら、未だ変身出来ずにいる芋虫のように見えてきた。

R2N-bus-place-map.jpg
撮影地の地図。

2012年07月17日

乗り物図鑑「バングラデシュの楽しいバス」 -Bogra編-

Bogra-Bus-R0128293.jpg

Bogra-Bus-R0128294.jpg

Bogra-Bus-R0128315.jpg

Bogra-Bus-R0128317.jpg

Bogra-Bus-R0128308.jpg

Bogra-Bus-R0128307.jpg

Bogra-Bus-R0128342.jpg

Bogra-Bus-R0128318.jpg

Bogra-Bus-R0128343.jpgBogra-Bus-R0128310.jpg

Bogra-Bus-R0128345.jpg

Bogra-Bus-R0128346.jpg

Bogra-Bus-R0128344.jpg

Bogra-Bus-R0128164.jpg

Bogra-Bus-R0128160.jpg

Bogra-Bus-R0128163.jpg

Bogra-Bus-R0128170.jpg

Bogra-Bus-R0128173.JPG

Bogra-Bus-R0128169.jpg

Bogra-Bus-R0128167.jpg

Bogra-Bus-R0128153.jpg

Bogra-Bus-R0128180.jpg

Bogra-Bus-R0128168.jpg

Bogra-Bus-R0128189.jpg

Bogra-Bus-R0128177.jpg

Bogra-Bus-R0128179.jpg

Bogra-Bus-R0128178.jpg

Bogra-Bus-R0128190.jpg

Bogra-Bus-R0128175.jpg

Bogra-Bus-R0128191.jpg

Bogra-Bus-R0128198.jpg

Bogra-Bus-R0128158.jpg

Bogra-Bus-R0128156.jpg

Bogra-Bus-R0128157.jpg

Char Mata Bus Station(チャル・マタ・バスステーション)にて。


孟加拉国 | 博格拉 (拉治沙喜区)
バングラデシュ、ボグラ (ラッシャヒ地区)
Bogra, Rajshahi Division, Bangladesh
map-bangladesh-bogra.jpg

2012年07月04日

乗り物図鑑「バングラデシュの楽しいバス」 -Chandpur編-

Chandpur-R0125887.jpg

Chandpur-R0125894.jpg

Chandpur-R0125708.jpg

Chandpur-R0125709.jpg

Chandpur-R0125905.jpg

Chandpur-R0125907.jpg

Chandpur-R0125900.jpg

Chandpur-R0125703.jpg

Chandpur-R0125707.jpg

Chandpur-R0125879.jpg

Chandpur-R0125858.jpg

Chandpur-R0125861.jpg

Chandpur-R0125942.jpg

Chandpur-R0125930.jpg

Chandpur-R0125943.jpg

Chandpur-R0125922.jpg

Chandpur-R0125933.jpg

Chandpur-R0125934.jpg

Chandpur-R0125937.jpg

Chandpur-R0125912.jpg

Chandpur-R0125913.jpg

Chandpur-R0125918.jpg

Chandpur-R0125944.jpg

Chandpur-R0125926.jpg
バスに傷が増えてくると、補修と塗装の塗り替えをする。

Chandpur-R0125921.jpg


孟加拉国 | 昌コ浦 (吉大港区)
バングラデシュ、チャンプール (チッタゴン地区)
Chandpur, Chittagong Division, Bangladesh
map-bangladesh-chandpur.jpg

2012年03月10日

乗り物図鑑「バングラデシュの楽しいバス」 -Comilla編-

R2N-R0125637.jpg
at Thomson Bridge Bus Terminal
(トムソンブリッジ・バスターミナルにて)

R2N-SHARKARMOARS-comilla.jpg
*Click for Large

R2N-R0125684.jpg
at Thomson Bridge Bus Terminal
(トムソンブリッジ・バスターミナルにて)

R2N-R0125685-7.jpg
*Click for Large

R2N-R0125669.jpg
at Thomson Bridge Bus Terminal
(トムソンブリッジ・バスターミナルにて)

R2N-R0125682-3.jpg

R2N-0794.jpg
どうしたら、こんな傷が出来るんだろう。

R2N-R0125976.jpg
*Click for Large

R2N-0797.jpg

R2N-0795.jpg

R2N-R0125993.jpg
at Shashongacha Bus Terminal
(シャションガチャ・バスターミナルにて)

R2N-R0125406.jpg

R2N-R0125408.jpg
ちょっと笑ってる。

R2N-R0125176.jpg
少し前のコンランショップのようなカラフルなペイント。

R2N-R0125410.jpg

R2N-R0125411.jpg
クミッラのバスは、クリーム色基調のものが他都市よりも多かった。

at Shashongacha Bus Terminal
(シャションガチャ・バスターミナルにて)

R2N-R0125982.jpg
バングラデシュのバスは「HINO」のエンブレムをつけているのが多いですが、実際HINO生産の車両と言うわけではなく、中古車部品を組み合わせて一台一台がハンドメイドです(日本車は人気が高い)。それらの車両にメーカーのエンブレムをつけたり、ペインティングをしています。

R2N-R0125415.jpg

R2N-R0125444.jpg

R2N-R0125978.jpg
これは三菱(でも手描き)。なんか今にも泣き出しそう。どうしたの?

R2N-R0125984.jpg

Amazing! -Bumpy- Bangladesh Buses
at Shashongacha Bus Terminal
(シャションガチャ・バスターミナルにて)


孟加拉国 | 庫米拉 (吉大港区)
バングラデシュ、クミッラ (コミラ) / チッタゴン地区
Comilla, Chittagong Division, Bangladesh
map-bangladesh-comilla.jpg

2012年03月06日

乗り物図鑑「バングラデシュの楽しいバス」 -Dhaka編-

R2N-R0124285-Dhaka-bus.jpg
01) なんだかパジャマの柄みたいだ。

R2N-R0124269-Dhaka-bus.jpg
02)

R2N-R0124283-Dhaka-bus.jpg
03)

R2N-R0124279-Dhaka-bus.jpg
04)

R2N-R0124272-Dhaka-bus.jpg
05)

R2N-R0124274-Dhaka-bus.jpg
06)

R2N-R0124252-Dhaka-bus.jpg
07)

R2N-R0124297-Dhaka-bus.jpg
08)

R2N-R0124294-Dhaka-bus.jpg
09) スパイダー柄。鳥や花以外のモチーフで、こういう具象的なものが車体に大きく描かれているのは珍しいです(それ以前にふさわしくないような気がしますが)。ちゃんと巣まで描かれている。

R2N-R0124293-Dhaka-bus.jpg
10)

R2N-R0124289-Dhaka-bus.jpg
11)

R2N-R0124306-Dhaka-bus.jpg
12) 見事に割れたフロントガラス。ある種、勲章のようなもんです。

R2N-R0124299-Dhaka-bus.jpg
13) バングラデシュでは人気の薔薇模様。

R2N-R0124318-Dhaka-bus.jpg
14)

R2N-R0124311-Dhaka-bus.jpg
15)

R2N-R0124295-Dhaka-bus.jpg
16)

R2N-R0124316-Dhaka-bus.jpg
17)

R2N-R0124321-Dhaka-bus.jpg
18)

R2N-R0124276-Dhaka-bus.jpg
19)

R2N-R0124277-Dhaka-bus.jpg
20)

R2N-R0124288-Dhaka-bus.jpg
21)

R2N-R0124264-Dhaka-bus.jpg
22)

R2N-R0124238-Dhaka-bus.jpg
23)

R2N-R0124240-Dhaka-bus.jpg
24)

R2N-R0124249-Dhaka-bus.jpg
25)

R2N-R0124250-Dhaka-bus.jpg
26)

R2N-R0124242-Dhaka-bus.jpg
27)

R2N-R0124251-Dhaka-bus.jpg
28)

R2N-R0124262-Dhaka-bus.jpg
29)

R2N-R0124265-Dhaka-bus.jpg
30) *Click for Large

R2N-R0124267-Dhaka-bus.jpg
31) ダッカでよく見かけたMy Choice社のバスは、センスのいい色使いをしたものが多かった。

R2N-R0124247-Dhaka-bus.jpg
32)

R2N-R0124261-Dhaka-bus.jpg
33)

R2N-R0123543-DhakaBuses.jpg
34) *Click for Large

R2N-R0124217.jpg
35) 色使いがトレビアンなバス。

R2N-R0123553.jpg
36) 交差点は車間すれすれで走っている。

R2N-R0124216.jpg
37)

R2N-R0123788.jpg
38) 改造前のパテ盛りプラモのように、車体はボコボコです。

R2N-R0124359.jpg
39)

R2N-R0124688.jpg
40)

R2N-R0123467.jpg
41) バス後部のバラのロゴ。

R2N-Dhaka-Buses-a.jpg
42) *Click for Large

R2N-R0124220.jpg
43) 銃撃戦があったわけではありません。ローカルバスのフロント・ガラスは、たいていこんな具合で割れている。
関連:「ロシアン・ルーレット」
http://tavola-world.seesaa.net/article/222433733.html

R2N-R0123454.jpg
44) 花のような、実のような。

R2N-R0124221.jpg
45) 鮮やかなシート。

R2N-R0123789.jpg
46) 最前席から。助手の兄ちゃんはこの位置で、乗客を見つけると扉を叩いて呼び込みをしたり、走りながらの搭乗を手助けしたり、障害物を運転手に伝えたりなどをして大活躍。

R2N-R0124689.jpg
47) 幾何学的なペイント。

R2N-R0124705.jpg
48) バラのロゴのミニバス。RANGS MOTORS

Bangladesh Amazing! Buses

■ この「カラフルなバス・シリーズ」の高画質写真は、データでの販売もしています。
・サイズは、最大で3600 X 2700 pixelまで。
・Jpeg File
(詳細はメールにて)


孟加拉国 | 達卡 (达卡)
バングラデシュ、ダッカ
Dhaka (Dacca), Bangladesh
map-bangladesh-dhaka.jpg