2020年07月21日

プルメリア栽培記(2020年7月)花が咲いた!

plumeria-july-2020-03.jpg


2年前の2018年秋にプルメリアの苗を買い育てていた。2回冬を越す。一年目、大きく成育はしたが花は咲かなかった。翌年への期待。今年はどうだろう? 少し気になりつつ、春頃にプランターをひと回り大きくしようと考えていたのだが、風が強かったりあまり天候が良くない日が続いたため、伸び伸びになっていた。もうプランターいっぱいいっぱいにまで根が張っていて、窮屈そうな状態。そのせいか、葉の成育が去年よりも少し悪い感じがする。早くに植え替えたい。そうこうしているうちに葉が徐々に茂りはじめてくる。6月の初週になり、枝の先あたりから花芽らしきものが出はじめた。最初は小さなブツブツした突起のようなものだった。もしかして、これは!? と色めきたち植え替えはしばらく待つことにした。もしも花芽だったら、今年はプルメリアの花が見れる! そう思って日々成長を見守る。そのブツブツしたものは日に日に大きくなり、はっきりと花芽だとわかるまでになった。プルメリアってこんなふうに花が咲いてくるんだ! と思いつつ。そして、花芽が顔を出してから約38日目に最初の花が咲いた。どんよりと曇った寒い雨の日だった。開花当日はなんとなく縮こまった花びらの開き方だったが、翌日には張りのあるしっかりとした花姿になった。今年は雨が続いたので、根の状態が非常に心配だったが、なんとか咲いてくれた。けっこうでかくなってきたので、部屋の中にとり込むのも意外に大変なのだ。


● プルメリア栽培記(2018-2019秋)- 2019年11月18日
http://tavola-world.seesaa.net/article/plumeria-2018-2019-autumn.html

plumeria-july-2020-06.jpg
枝の先から若葉に混じり、花芽が顔を出す。

plumeria-july-2020-04.jpg
力強く伸びた花芽。先端にはつぼみが見える。

plumeria-july-2020-05.jpg
つぼみが少しづつふくらみはじめた。

plumeria-july-2020-02.jpg
つぼみからゆっくりと開花。曇天なせいかあんまり早くには開かない。つぼみの外側と花の色は違うみたい。

plumeria-july-2020-01.jpg
二番目に咲いた花。きれいだな。
posted by J at 12:00| Comment(0) | 多肉植物/ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: