2020年05月06日

クコの実をジンに浸ける

kuko-gin-may-2020.jpg
1)クコの実を空き瓶に入れ、ジンを注ぐ(氷砂糖は入れずそのまま)。
2)透明なジンが淡く色づく。
3)三日ほど経つと、ジンを吸い込みクコの実がふっくらとしてくる。
4)クコの実の朱色がジンに移ってくる(まだ三日目)。3ヶ月ほど置くと深いアンバー色になる。


去年からクコの実をジンに浸けた自家製酒を愛飲している。はじめはストレートで飲んでいたけれど(もちろんショットグラスに一杯程度)、あるとき、酵母ジュースで割ると美味しいんじゃないかと思って、やってみるとめっちゃウマかったんで、以来酵母ジュースで割ったのを飲むようになった。値ごろなNIKKAのウィルキンソン・ジンを使っている。ガラス瓶も徳用ジャムの大きいやつを再利用。飲み終わったあとに残るクコの実は、パウンドケーキに混ぜたりヨーグルトに乗せて食べたりで、けっこうこのサイクルは気に入ってる。クコの実のジンは薬っぽい香りになって、酵母ジュースで割ってもクコが出る、じゃなかったコクが出る感じで、身体に効いてるように思えたり。で、悪酔いしないのがいい。


「桑の実をジンに浸ける」(2019年06月02日)
http://tavola-world.seesaa.net/article/466160724.html
posted by J at 09:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: