2017年07月30日

record killer



ある意味、「iPodの死」はひとつの時代の終わりである。

音楽といって思い出す記憶は、人によってはレコード屋でLPのジャケットを次々に引き出しながら選んだことかもしれない。CDを黒いCase Logic製のバインダーに几帳面に整理したことかもしれない。それと同じように、iPodは記憶のなかに残っているのだ。


人によっては、iPodが「アルバム」をいう概念を“殺して”しまったのだと言うかもしれない。自分でつくったプレイリストを楽しんだり、「シャッフルモード」で聴いたりすることが、音楽を聴くという行為そのものになってしまったのだから。

それは確実に「有償の音楽」の死を加速させた。


iPodが姿を消しつつあるいま、ちょっとでもいいから思い出してほしい。iPodが世界に何をもたらしたのか。そう、音楽を“解放”したのである。



iPodは「音楽」に何をもたらしたか──その功績を、販売終了を機に振り返る
https://wired.jp/2017/07/28/say-goodbye-to-ipod/


「有償でしか聴けなかった音楽」を殺したツールが役目を終え、市場から姿を消すってのは、音楽のソフトとハードの歴史をさらえ考えてみると象徴的だな。
レコードやCDは、ただ「持ってること」だけで偉いと思われていた頃があったし、モノとして存在していたから物流の関係で、いかに早く手に入れるかみたいな競争みたいなのもあった。今は、検索ワードを入れれば数秒でほとんどのもののが聴けてしまうし、手にいれられる。これは音楽にかぎったことでもなく、コンテンツ作品全般に言えること。音質にこだわって、レコード一筋なファンもまだ沢山居るけれど、音質うんぬんは楽しむための要素の一つにすぎないし、聴きかたをわざわざ自分から狭める必要もないようにも思う。それよりも、再生機器の変遷によって、(ポピュラー)音楽のスタイルがどんなふうに変化していってきたのだろう? みたいな興味の方が僕にとっては面白く思える。


Home built mechanical sound recorder

CDをカッティングしてレコードにする機械を自作している人の動画。ユーチューブをみていると、海外ではこういうのをやってる人がけっこういる。
( 3'12" までがカッテイング工程。そのあとに音を再生している)






posted by J at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | fav. - sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック