2020年07月04日

デート・ア・ライブのOP


【OP】デート・ア・ライブ|KADOKAWAAnime100万人突破記念
(KADOKAWAAnime / 2020.07.03)※公開期間:2020年9月30日まで


いやー、なんか6月末あたりから、KADOKAWAさんが過去アニメのOPを続々ユーチューブにアップしはじめて、7月に入ると好きな作品のが急激に増えてきた。めっちゃうれしい。ユーチューブのチャンネル登録者数が100万人を突破した記念に、ってことらしく9/30までの限定公開みたいだが、アクセス数が増えるとかぐや様の「チカっとチカ千花っ♡」みたいに、「限定」が外されてずっと観れるようになるのかも。アニメのOP/EDって、アニメ版のものを公式でアップしてるとこがあんまりなく、たいがい歌手(声優さん多い)の音源として、オリジナルPVになっているのがほとんど。ファンとしては、やっぱり約1分半の歌に合わせて創られた凝ったアニメーションで観たい、ってのもあるし、音とOP/EDの映像がもうすっかりリンクしてるから、曲がどれほどよくても別の映像になっていたりするとどうしても違和感が出てしまう。

デアラは、3期あるシリーズ通して全体的に作画が安定してるとは言えず残念なところはあるだけれど(だんだん雑さが目立ち…)、時崎狂三の登場する場面だけはなぜか力が入っていて、そこのギャップは意外と楽しめる要素のひとつだし、ストーリーが進んでいくうちにシリアスというか深い愛の物語がみえてきて、けっこう胸が熱くなる。ギャグ中心で進む1期に比べると、3期は絶望的なまでの暗黒展開になってゆき観るのが辛くもなるが、ひとまわりスケールの大きくなった物語のあり方はすごくいい。
もし、日本のアニメを代表するようなキャラを3人挙げろって言われたら、僕は「時崎狂三」が一番にくるかな。完璧すぎる属性。ツインテ、ゴスロリ、タイムリープが全部一体化してるってめっちゃすごくない? 「デート・ア・バレット」の公開に向けてか(もしや4期制作発表か)、このところ狂三の新作フィギュアのインフォが続いている。アルターさんの狂三フィギュア欲しいんだな。。一目惚れした。プレ値になってるんでもう買えない。

劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント(ALTER)
alter-tokisaki-kurumi.jpg
画像は右リンクより:https://alter-web.jp/products/243/
https://alter-web.jp/blog_alter/2019/136/
posted by J at 12:00| Comment(0) | Anime & Comics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: