2020年02月06日

これはOUT



5日に富士フイルムが公開したコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100V」のPR動画に「盗撮を推奨するような内容」などと批判の声が寄せられ、まもなく削除された。同日夜、同社は「視聴者の皆さまに不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます」として公式サイトで謝罪した。


富士フイルム、新製品カメラのPR動画めぐり謝罪
「盗撮を推奨するような内容」と批判で削除

https://news.livedoor.com/article/detail/17773842/


今、繁華街を歩いていると、スマホや小型カメラを持ちながら撮影しているヤツけっこう多いんだけど、ライブ配信してる最中かもしれないと思うと、うかつに注意できない恐ろしさがあって、ほんとどうにかしてほしい。
昔は「ストリート・スナップ」とかいう名称で、勝手に路上で人の姿を撮っていくようなスタイルの写真が許容されていた時代はたしかにあった。だが、時とともに社会の価値感は変わっていくのだから、そのあたりやっぱ考えていかないといかんと思う。上のニュースをみてほんとビックリしたのは、まだこんな風な時代錯誤な感覚で平然と写真を撮ってる人がいるんだということ。カメラっていう道具は、人の奥底にある欲望や暴力性を誘発することがあるから、しっかりした目的と自戒をもてる人でないと使っちゃいかんのだとも感じる。
当該動画は消されたみたいだが、再アップしているのがあったのでアドレス貼ってみた。上場企業が、よくこんなプロモーション動画をアップしたね。頭のネジ外れてんじゃないの? 


FUJIFILM X100V炎上商法 鈴木達朗氏による迷惑ストリートスナップ
https://www.youtube.com/watch?v=Wy2YzUvHDq0
No.J工場さんによる再アップ
posted by J at 01:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: