2017年05月06日

モリッシーのマトリックス・メッセージ、2017

TheSmiths-BoyThorn-ep-Matrix-2017.jpg
* 画像は右リンクから:http://tagong-boy.tumblr.com/post/160302523301/


ザ・スミスは4月22日の今年のレコード・ストア・デイに未発表トラック2曲を収録した7インチをリリースしている。

この7インチはUKのみでのリリースとなっているが、レコードの盤面には「Trump Will Kill America(トランプがアメリカを殺す)」とエッチングされているという。



ザ・スミス、新発売の7インチに「トランプがアメリカを殺す」と記されていることが明らかに
(NME.jpより)http://nme-jp.com/news/37182/


レコードを大雑把に外周から見ていくと、音の刻まれているギザギザした細い溝(グルーヴ)があって、その次に「デッドワックス」と呼ばれる黒い平坦な部分があり、そして紙の貼られたレーベル面、最後に盤の中心の穴「センターホール」とおおよそこの4つのパートに分けられる。その中の余黒部分「デッドワックス」のわずかな隙間にはレコード盤に関する色々な情報が刻まれていて、たいてい暗号のようなアルファベットや数字が並んでいる。この記号・数字の配列は「マトリックス・ナンバー」と呼ばれるもので、解読すると、そのレコードがどの工場で製造され、どの型(スタンパー)を使って何回目にプレスされたものなのか? またさらに、誰がカッティングしたかという事までがわかるようになっている(カッティング・エンジニアの腕によって音質が変わるため、ここにあるエンジニア名サインを重要視しこだわるマニアやコレクターは多い。当然レコードの取引価格にも影響してくる)。レコードの出生証明書みたいなもの。本でいえば、版や刷、編集者や印刷所等々の情報が記されている奥付にあたるところだ。

ザ・スミスのレコードは、デッドワックス部のマトリックス・ナンバーのすぐ近くに、モリッシーによる短い英文がいつも刻まれていて、この隠れたメッセージを読むのがファンの間ではちょっとした楽しみだったりした(ザ・スミス以外にも、レコードにこのマトリックス・メッセージを刻んでいるミュージシャンはわりといる)。例えば、ザ・スミスの「Shakespeare's Sister」という曲の12インチでは "HOME IS WHERE THE ART IS(home is where the heart is のもじり。安らげる場所は自分の中にある、の意。誰かの引用なのかな?)" だったりと、直接曲と関連しているのかいないのか良くわからない意味深なものや、初期シングル「William, It Was Really Nothing」のマトリックス・メッセージのように、ちょっとここで書けない類の英国人らしいきついジョークもあったりする。

さて、先月4/22に「レコード・ストア・デイ」という全世界同時開催のレコードの祭典的なイベントがあった(2007年に創設、2008年からスタートし以来毎年やってる)。毎年4月の第三土曜日がその日らしく、この日に限定のシングルやアルバムなどが一斉に発売され、年を追うごとに知れ渡り賑わってきているみたいだ。


レコード・ストア・デイで販売されたアイテムの中には既にネット・オークションに出品されているものがあり、なかには200ポンド(約28000円)の値を付けているものもあるという。


と、上記事の中にもあるように、この日発売されたレコードたちはさっそく売りに出され、プレミアが付いてより大きく話題になるなど、今の時代だなぁなんて思ったりする(もちろん大部分はファンたちのレコード棚にちゃんと収まっているのだろう)。ザ・スミスは1985年にリリースしたシングル「The Boy With the Thorn in His Side」に収録していた2曲の未発表音源を、レコード・ストア・デイ限定盤として発売。これもすぐさまネット・オークションに出ているものがあって、直後は50ドル前後まで値が付いていたが、今は落ち着いて30-40ドル前後の間で取引されている。元の販売価格は8.99ポンド(約1,300円)だった。わずかながらのプレミア価格があることは、未だ根強いファンがいる確かな証拠だし、プレス枚数が求める人の数に追いついていない表れでもあって、オークションでのせめぎ合い(入札数)を見ていると、ファンの熱量みたいなものが冷静に数値化されているようで面白いものがある。こうして売り買いしていくうちに、変動幅が少なくなって適正な価格帯に収斂し、最もふさわしい値段として定着していく。そういう瞬間を目の当たりにできるのもまた貴重に思えたり。
ザ・スミスは、オフィシャル・リリースとしての未発表音源が少なく、彼らはリミックス・ヴァージョンなども嫌っていたため、レコード・アイテム的に極端なレア物というのがあまりない。なので今回のリリースはファンにとってはすごく嬉しいもので、僕もちょっと反応してしまった。A面タイトル曲のデモ・ヴァージョンは、さほど違いのないものだったが、B面収録の「Rubber Ring」(Early Drone Studios Version)は、ストリングスが少し生々しく(ラフで)けっこう良かった。
今回ザ・スミスが話題になっていたのはプレミア化したレコードじゃなく、シングル盤に刻まれたモリッシーのトランプ大統領に関するマトリックス・メッセージだった。モリッシーは、以前にも「Margaret on the Guillotine(マーガレット・サッチャーをギロチン台に)」というような曲をいくつか書いているから、さほど驚くこともないが、こうした姿勢の変わらなさの方にかえって驚異を感じてしまったり、若干僕の方が変わってしまったのかな? なんて風に思った。僕も若いときは、モリッシーのメッセージやインタビューなんかを読んでずいぶんと共感したし、きっと若い人は同じように自分の好きなアーティストやミュージシャンたちから無条件的に影響を受けるんだろうとは思うが、政治や経済の仕組みを少しづつ理解していくほどに、世の中そう単純に二元化し、切り分けて考えていいものなんだろうかと思うようにもなる。塩化ヴィニールに彫られた短いメッセージは、前世代のツイートみたいなもので、トランプのやっているTweeterといい勝負かも。


レコード鑑定の基礎知識「How to identify vinyl records?」
http://zauberflote.squares.net/record/record.html


The Smiths - Rubber Ring (Early Drone Studios Version 7" Rip)
posted by J at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | fav. - sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック