2017年04月13日

耳ラッパ

HearingTrumpet.jpg
レオノーラ・キャリントン「耳ラッパ」


なんというか、ぶっ飛び方が半端じゃないよね。この小説じたいをあえて説明するなら、 「不思議の国のアリス」のアリスが老婆になって、40度以上の高熱を出しているときに見た悪夢、みたいな(笑)
〜WEB すみ&にえ「ほんやく本のすすめ」〜


92歳の老婆が、友人に補聴器(=耳ラッパ)をもらい、家族に老人ホーム送りにされたことから生じる一大幻想絵巻。ボケ老人的な論理の飛躍が次々に繰り出される、自由連想じみた物語の奔放さは比類がない。
〜山形浩生氏(朝日新聞 2003.10.5)〜

http://www.kousakusha.co.jp/DTL/mimi.html


アマゾンで何か面白い本がないかを探していたら、気になる洋書が目に入る。著者名、Leonora Carrington。確か画家で同じ名前の人がいたよな、と思って調べてみるとやっぱり同じ人物だった。そうそうこんな変わった名前ないもんな。小説も書いていたのか、絵が魅力的なだけにどんな言葉で世界を表現しているんだろう? とそこから急に興味出て、でもまさか日本訳はないだろな、なんて期待なきサーチもあっさり予想が外れ、日本版の本も発見する(しかも絶版じゃない!)。それが「耳ラッパ」だった。レビューなんか見てもすごく面白そうだし。これ、即効読みたいリストに入った。4月中旬以降に、短篇集と「Down Below」という中篇くらいの小説が立て続け刊行されるみたいで、そっちもちょっと気になる。彼女はメキシコで制作活動をしていたイメージが強いから、メキシコ人だとばかり思っていたけど、実はイギリス人だったり。マックス・エルンストに傾倒し、恋仲になったとかで、フリーダ・カーロとどこか重なるところがあって不思議な感じもした。
幻想文学もしばらく読んでなかったから、ひさびさに面白そうなのを知れてよかった。


4月末に発売予定の二冊。
Complete Stories of Leonora Carrington.jpg
The Complete Stories of Leonora Carrington(Dorothy a Publishing Project)

Down Below.jpg
Down Below (NYRB Classics)
http://brbl-dl.library.yale.edu/vufind/Record/3885546
イエール大学のデジタル・アーカイヴ? みたいなページで以前の版のものが読める。

*画像はアマゾン.jpより
posted by J at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - 書籍 - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック