2017年03月21日

イギリスから本が届いた、の巻(3)

Book-Rawavesjp-Mar-2017.jpg
アマゾン、マーケットプレイスにあるRarewavesから届いた封筒。内側はエアパッキン。
今回は発送メールのあと11日目に到着。中身はアンナ・カヴァン。


去年、J. G. バラードの短篇集を買ったのをきっかけに、ときどき、アマゾンのマーケットプレイスで洋書小説も買うようになってきた。ペーパーバックって、印刷はラフだし紙質もそう良くないのに、なんでだろう、どうも魅力的だ。

以前アマゾンでは、写真集や現代美術家の作品集、旅ガイドのロンプラを買うことが多かった。が、それもこの何年かは買ってはいない。写真に関してはフォトグラファーのHPや Tumblr、Flickr、500px 等ネットにあるギャラリーの方がボリュームもあるし(画質もいい)、取材情報のテキストなども適時に更新されたりするので、写真集という形態で写真を見ることがほとんどなくなってしまい、また求めなくもなった。「本としての写真集」に面白さや魅力がなくなってしまったとは決して思わないが、ネットが普及した今の時代に求められる写真集の存在意義が、これまでとはまったく違ってきているとは思う。もし写真集でなければ表現できない、あるいは写真集でなければならない、という必然性がないかぎり、画像の載った紙の束としか見れなくなていたり、どうしても欲しい! という気持ちにはならなくなってしまった。写真で表現し、なにか形にする難しさは、誰でも撮れるようになった今、以前より増している感じはする。

旅のガイドブックに関してもきっと同じようなものがある。こっちは情報の新しさがより重要になってくるから、写真よりももっとネット情報の方が有効的に思えたりする。旅行者のBLOGをサーフしていく方が、好みの情報を得やすいし、鮮度はきっといい。ただもちろん、そういうものはネット(スマホ)環境のある場所でしか見れなかったりするので(辺鄙な場所では当然見れないし、そもそも事前情報なんていらないという人もいるだろうが)、完全にいらないということもないけれど、観光地に行く位の短い旅程なら、地図や翻訳機能の入ったスマホが一台あればやっぱりそれで十分だなと思ってしまう。でも紙の地図の大事さが分かる人は、きっといい旅人だろうな。


ちょっと脱線。

出だしのところで写真集はもう興味ないので見ない、なんて書いてしまったけれども、それでも情報として多少見聞きはしている。最近見た写真集の中ではクリストファー・ハーウィグさんの「ソヴィエト・バス・ストップス」というのがよかった(といってもwebで、彼の写真や記事を見ただけだが)。これはタイトル通り、ソヴィエト時代に作られたユニークなバス停を撮ったもの。アブハジア、シベリア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、エストニアなど旧ソ連邦を構成していた国にあった奇妙なバス停が集められた写真集。モニュメント風の小さな建造物だけれども、その土地の特色がそれぞれに表れていて面白い。そのまま単に建築物としてみることもできるだろうし、ここにやってくるバスや人(きっと派手なスカーフをかぶった恰幅いいロシアのおばちゃんたちが近くのルイノクに行くために、ペットボトルに入れた自家製のケフィアを抱えながら談笑しているだろう姿)を想像しながら、これら地域のコミュニティなんかも思い浮かべてみたり。バス停はどれも皆、野ざらしなので朽ちかけ一歩手前だけれども、廃墟のような死の香りはせず、どこか生活のニオイがにじみでている。それにしてもこれらのバス亭、一帯誰が音頭をとって建てたんだろう? 構造の安全性や、重力バランスを完全に無視した見た目重視のものがけっこうあって、写真で見る分には楽しいが、実際この場所で落ち着いてバスを待つにはちょっと勇気いるかも。
この写真集は日本の amazon.jp でも買える、2,900円。それにしても、こんな値段でアマゾンにあったら、写真集専門店で買えなくなってしまう。本屋のディスプレーや棚の中から、知らない本を偶然見つける喜びがなくなるのはさみしいけれど、ネットはネットでまた知らないリンクが目に入って、そこに飛んでいき、また違った意味での偶然の発見もあったりするので、似たようなものか。

SovietBusStops-ChristopherHerwig.jpg
"Soviet Bus Stops" Christopher Herwig (画像は下記リンクより)
http://tagong-boy.tumblr.com/post/158584414201/


今回はRarewavesで

さて、いつもイギリスからロイヤル・メールで送ってもらっているのはUK BOOKS & MUSICというお店なんだけど、今回はちょっと浮気をしてしまい、Rarewavesというお店での注文だった。価格の差がさほどなければ、最安値でなかったとしても、同じところで頼んだほうが多分いいだろうと思うので、僕の場合あまり値段重視というわけでもない。まぁ、今回はたまたま欲しい本がいつもの店になかったことと、他の店での到着日数なんかも気になったし、何か違いがあるのか、なんてのも少し興味あった。
これまでの注文した経験からすると、(英国→日本は)日曜から週明けの月曜に注文すると早く届くことが多かった。金曜日に注文すると(多分営業・発送業務をしてない)土日をはさんでしまうため、2日分待つ時間が長くなる。日本とイギリスは9時間の時差があるから、そのあたりも考え、向こうの営業時間の早いうちに注文をしたり、いろいろ試していた。もちろん在庫状況や輸送事情なんかも絡んでくるので確実ではないが、少なくとも週前半までに注文したときがスムーズだった。忘れかけた頃に、突然ポストに見慣れない封筒がコツンと入っていてけっこう楽しい。おおよそ平均、10日から12日で届く。
Rarewavesさんから届いた封筒はエアパッキンの入った白い紙封筒だった。本はきれい。そして本と一緒に、落丁本や注文とは違ったものが届いた場合用の(納品書を兼ねた)返信宛名シールが同封されていて、これは便利だなと思った。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック