2016年10月17日

Ballard trivia



七十三歳になる二〇〇三年「霧散した帝国の勲章なんて馬鹿げている」と大英帝国勲章を辞退するなど、バラードの反骨精神が失われることは生涯なかった



「海外SFハンドブック」早川書房編集部・編、より("J.G.バラード"・岡本俊弥 / ハヤカワSF文庫・p92)
*CBE(Commander of the Order of the British Empire): 大英帝国勲章司令官




おー、バラードかっこいい! と思ったエピソード。断る理由が、またキマっている。
こういう姿勢って、作品の中に溶け込んでいて文章や表現として、やっぱり出てくるんだな、と。
そして、知らず知らずでも読む人、見る人に伝わっている。

バラードの「The Atrocty Exhibition」の3弾、今週中にアップ予定。
その前にサヴィルの記事をひとつアップ。
他にも「茶園プランテーションの実情」や「インドネシアの希少コーヒー、コピ・ルアク」、「タリバンのけし畑」や「沿ドニエストル共和国の若者」についてだったり、海外サイトのクオリティが高くて面白い記事がたくさんあるから、訳のスピードを上げれるようにならないといけない。SNSで相互監視しあう時間なんて、あとあと何かになるわけでもなく、もったいない。


デヴィッド・ボウイも断っていた。
http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/david-bowie_16_0113


J.G. Ballard (British Library)
https://www.bl.uk/people/j-g-ballard
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック