2016年10月01日

何度目かの来日


Klaus Nomi - Wayward Sister

"Viva Hate Tour"でのオープニング曲。オペラ調のクラウス・ノミ「Wayward Sister」がかかり、会場が一気に高揚した。


そしてオープナーの“Suedehead”が始まった瞬間、果たしてオーチャードホールのような会場でどんな反応が起きるかと思いきや、会場の四方八方から100人程のファンがモリッシーめがけて猛突進、ステージ前にはいきなりもみくちゃのカオスが出現する。



モリッシー、4年半ぶりの来日ツアー速報レポート。
英王室、米大統領選etcに向けられた痛烈なメッセージとは?

http://ro69.jp/news/detail/149169?rtw


おー、来日の情報は教えてもらって知っていたけど、公演はきのう、おとといやったか。横浜の公演は突然キャンセルされたみたいで、こういう気まぐれさは相変わらずだなぁ。しかし、ファンがステージに殺到するというモリッシー・ライブでの風物詩だったものが、まだ続いているのにびっくり。

初来日のときは、ほんとひどかった。会場の損害費用で大赤字になったとか、そういう伝説のあるモリッシーのはじめての日本公演(踏みつけられた数百あるパイプ椅子は、折れ曲がり千切れ、槍のようになっていて危険だった)。そのときの大阪城ホールでは、前日の福岡公演が大荒れになったため、厳戒な警備がしかれていた。会場内はファンの暴走を食い止めるため、警備員が増員され、「ファン対主催者」みたいな、変な構図になっていた。そういた中でもやっぱり、熱烈なファンのステージ乱入は避けられず、十数人ほどが警備の目(と手)をかいくぐってステージに上っていた。スミス・ファンを自負していた僕もそのうちの一人で、なんとかステージに上がることができた(そのあと警備員に捕まり、会場の外に放り出された)。いま思うと、思い出に残るライブだったな。モリッシーは飛行機嫌いで有名だったため、来日は二度とないだろうということで、当時のファンたちはこのときだけは! と盛り上がっていたような気がする。
でもなんだろ、モリッシーに限らず来日するのを待つ必要はないんだよな。別に日本でしかライブをやらないわけじゃない。見にいきたくなったら、昔とはちがって気軽に、どこへでも行けるようになったのだから。


Morrissey : Viva Hate 'Live' (Full Concert)
https://www.youtube.com/watch?v=EHcAB9pP4sA


posted by J at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | favourite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


バンコク ホテル格安プラン