2015年11月01日

青空文庫の、ラヴクラフト作品が増えていた!


H. P. ラヴクラフト - 青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1699.html

そんな頻繁にサイトを見ているわけじゃないけれど、そういえば、 ラヴクラフトの短編がひとつ青空文庫で訳されていたなぁと思い出し、「もしかして新たに訳されているかも」なんて若干の期待をしつつ見てみたところ、10月中旬にいくつか更新されていた。現在5タイトル。ネットならではの資料リンクや画像が巻末にあって楽しい。ラヴクラフトの小説は、妄想の強さとパラノイアックな文体が強烈なため、あんまり長く浸っていられないところがある。短編くらいの文量がちょうどいい。ラヴクラフト(1890 - 1937.March)と夢野久作(1889 - 1936.March)は、生まれ・没年がほぼ同時期の不思議。共に奇怪な物語を書いていたところも、面長な顔も良く似ている。


「時間からの影」 / The Creative CAT 訳
(The Shadow Out of Time)
・創元推理文庫版「ラヴクラフト全集」では3巻に収録。大瀧啓裕訳。


「チャールズ・デクスター・ウォードの事件」 / The Creative CAT 訳
(The Case of Charles Dexter Ward)
・創元推理文庫版「ラヴクラフト全集」では2巻に収録。宇野利泰訳。
短篇というより中篇くらいのボリューム。


「ニャルラトホテプ」 / 大久保ゆう 訳
(NYARLATHOTEP)
・創元推理文庫版「ラヴクラフト全集」では5巻に収録。「ナイアルラトホテップ」大瀧啓裕訳。


「ピックマンのモデル」 / The Creative CAT 訳
(Pickman's Model)
・創元推理文庫版「ラヴクラフト全集」では4巻に収録。大瀧啓裕訳。


「闇をさまようもの」 / The Creative CAT 訳
(The Haunter of the Dark)
・創元推理文庫版「ラヴクラフト全集」では4巻に収録。大瀧啓裕訳。


LibriVox
https://librivox.org/collected-public-domain-works-of-h-p-lovecraft/
原文はこのサイト他、いくつかあり、そこで読める。


posted by J at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | - 書籍 - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック