2020年11月26日

Harano TimesさんのDeepな分析


2年前の緊急事態宣言布石で、米軍がドイツで行動ができた?反逆罪判定があった場合の最悪事態に備えて、トランプ大統領が動いている、リトルロック事件の現代の101空挺部隊になるのは?
(Harano Times Official Channel / 2020.11.20)


はじめのところで「…これから紹介する考え方は、はっきりした根拠がない推測なので、ただの物語として聞いても問題ないです」として、この方Harano Timesさんの推測・分析が約16分弱ほど語られるわけなんだけど、資料や記事の読み解き方が鋭くて、どこかの機関もしくはなにかシンクタンク系で働いてる方なのかな? と思ったり。低めの穏やかな声も、とても耳から入ってきやすくて、ついつい聞き入ってしまう。
少し前に、ドイツでドミニオン(サイテル?)社のサーバーがアメリカ軍に押収された、というにわか信じがたい情報が流れ出て、フェイクニュースとして多くの人は思っただろうし、僕もまずアメリカ軍がドイツで勝手に民間企業の所有する機材を摂取するなんて、国家主権を完全に無視した話だから、どんなふうに伝播したらそこまで尾ひれがついてしまうのか、とも思ったけれども、上動画を聞いているとそのあたりの経緯が(あくまでも推測の範囲だが)、まるでリアルなスパイ映画のごとく説明されていて、この方、小説家になったらル・カレばりの物語を描けるんじゃないかとふと思う。

「最近、バイデンの引継ぎチームが引継ぎを急いでいるというニュースをよくみますね。そのなかでも彼らが最高の機密文書・大統領日報を見るようにリクエストしています…」(5'18"-)というあたりなんて、いかにトランプ陣営が自分たちの行動を敵対するバイデン側に悟られないよう慎重に動いているのがみてとれて、興味深い。今回の米大統領選は、日本で行われているようなのほほーんとした選挙とは全く違うものなんだという緊張感が伝わってくる。ものすごい権力闘争が、こんななにもあからさまに見えてくるすご味、同時に先進国・民主国家とはとても思えないほどの利権の剥がしあいが日を追うごとに表出していて、きっとあとで振り返ると、なんかすごい歴史の瞬間を目にしていたんだと思える日がくるのかな。
posted by J at 11:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

Lamestream


今は本人のツィートやSNSがあるんだから、誰かに編纂(改竄に近い)された情報をわざわざ見る必要はないというか、片方だけでなく両方の言葉を確かめることができるわけで、それぞれを比較し判断するのが、正しい道に近づく方法なのかなと。いやーほんとひどいアル。芸能人のゴシップなら笑ってすませられるが、政治や法律の問題が関わっている場合は、僕たちの生活に直結する問題にもなるわけで、簡単には見過ごせない。
英語にも「マスゴミ」っていう表現があってlamestream mediaっていうんだ。


テレ東さんGJと評判のコンテンツ。

日本が"知らない"アメリカ大統領選2020〜
「勝利」バイデン陣営に、あの団体(注:BLMのリーダー)から「見返りが欲しい」
(テレ東NEWS / 2020年11月20日)
6:05-辺りから…

posted by J at 12:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

「とある科学の超電磁砲T」ED曲 "青嵐のあとで"


TVアニメ『とある科学の超電磁砲T』新ED映像(sajou no hana/青嵐のあとで)
(とあるプロジェクト公式toaru.project / 2020.08.01)


レールガンT(3期)の前半パート「大覇星祭編」は、物語の舞台になっている学園都市の街全体が会場となって繰り広げられるストーリーで、放映時期を考えてみると、幻に終わった2020年東京オリンピックの盛り上がりに合わせ、制作の進行が行われていたんじゃないかと思えるくらいタイミングのシンクロがあった。偶然だったのかもしれないが。それはさておき、個人的にはこの「大覇星祭」つまるとこ「大運動会」編は、ただキャラのかわいさを優先したファン・サービス的な要素が強すぎて、期待はずれというか求めていたものとずいぶんかけ離れすぎていたせいで、あまり楽しめなかった。後半の「天賦夢路(ドリームランカー)編」が始まると、また違うテーマが描かれるようになり、少しシリアスさが増し、いい感じで深みがでていた。レールガンは、近未来の現実味を帯びた科学的なモチーフがあるほうが、物語に入っていきやすいような気がする。あくまでも個人的な好みだけれど。で、ドリームランカー編のエンディング曲「青嵐のあとで」がものすごく良くて、毎回流れてくるのが楽しみだった。レールガンってほんと楽曲に恵まれているなとしみじみ思う。黒子がいなければ、多分観続けていなかっただろうなと思うほど、彼女はもうひとりの主役的な存在感があって、レールガンT・ED映像のなかでみせるどこか寂しげな表情と、楽曲の明るい退廃的な音とが見事にクロスする。今までのレールガンにはない、ちょっとオシャレな絵の雰囲気も最高で(ドゥブロブニクやポルトガルの裏町風景なところ)、この曲は映像含め2020年アニメの中で一番好きだった。

posted by J at 12:00| Comment(0) | Anime & Comics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする