2018年01月18日

歌詞和訳:"Over Everything" by Courtney Barnett & Kurt Vile


Courtney Barnett & Kurt Vile - Over Everything (Official Video)


とくに何をするでもなく、ユーチューブが勝手に曲を再生してくれるのを流し聴きしていたときに、妙に耳に残るメロディがあって、でもそのときはどこかで聴いたことのあるような、懐かしい曲だなと思うだけで別に気にするでもなかった。だけど、どうも身体がこの曲のメロディをすっかり覚えてしまっていて、体を動かすたびにふと、おぼろげに記憶しているフレーズをハミングしていたりし、ああこれは誰の曲だっけ? と、ようやく music detective モードのスイッチが入る。

「Over Everything」は、コートニー・バーネット&カート・ヴァイル、という音楽好きにはけっこう名のれた二人のシンガーによる初コラボレーション曲。去年、2017年の8月リリース時にはけっこう話題になっていたみたいだ。そして、とくにコートニーのほうは、3年ほど前に音楽誌などで大きく取り上げられていて、カートよりかはやや知名度がある感じ。ネットの記事も沢山ありどれも評価が高かった。僕は初期クリエーションや、英国のネオアコの音を思い出してしまって、どうも涙腺がゆるんでしまう。なもんで、歌詞訳を口実に曲の紹介をしてしまおう。交互に歌うデュエット・パートの映像を入れ違いにしているという、ユニークな演出の MV も面白く、シンプルかつ控えめな撮り方は決して音楽の邪魔をするでもなく、より楽曲の魅力を引き出している感じがあって、音とすごく合っているように見えた。

デュエット曲なので、二人が交互に歌っていくスタイル。歌詞は交換日記風のやりとりで相手のメッセージに呼応している風だ(ぼやいているような)。それは MV の映像にも表れていて、アメリカのどこかスモール・タウンで弾き語るカートと、オーストラリアの牧歌的な自然の中で歌うコートニーの姿がうまくスイッチングしている。大まかな歌詞の構成は以下のとおり。
verse 1: Kurt part / verse 2 & 3: Coutney part
verse 4 & 5: Kurt part / verse 6: Coutney part / verse 7: Coutney & Kurt


軽く検索してみたけれど、この曲のレビュー記事はいくつかあったが、和訳は見当たらなかったので、多分うちが初だと思う。



コートニー・バーネット&カート・ヴァイル「 Over Everything 」歌詞和訳

Courtney Barnett & Kurt Vile "Over Everything" - lyrics
(from their youtube channel) https://www.youtube.com/watch?v=3KNsBCf34fQ

メロディに合わせた詞の改行・分断はせず、なるべく意味の通る一つの文になるようにした。
またコーラス・パートやサビのリフレイン等で歌詞が重複する箇所は省いてます。



When I'm all alone on my own by my lonesome
and there ain’t a single 'nother soul around
I wanna dig into my guitar bend a blues riff that hangs over everything

一人ぼっちで寂しくいて、周りに同じ境遇の人がいないとき、
ギターに熱中して、あらゆるものを覆い隠すブルースのリフを弾きたいんだ。


When I'm by myself and it’s daytime cuz down-under
or wherever it is I live when it's evening
You know I speed-read the morning news
and come up with my own little song also...too

一人でいて、オーストラリアがお昼のとき、あるいはどこにいようとも夜になると私は元気になる。
朝のニュースを読み流して、鼻歌を思いつくことも、知ってるでしょ。

* down-under : イギリスから見たときに、地球の反対側の場所を指す言葉で、南半球のオーストラリアやニュージーランドを意味する。このパートはコートニーが歌っているので、自分の出身地を言っているのだろうと思う。


When I step outside to a beautiful morning
where the trees are all waggin', my hair-flag waving
The scenery ragin', my life/love cascading,
and the smog hangs over everything

きれいな朝の世界に一歩踏み出してみると、
そこでは木々がみな揺れていて、私のしんなりした髪も揺れている。
景色は荒れ狂い、私の人生と愛も滝のように流れ落ちる。そして煙霧がすべてを覆い隠す。


When I'm outside in a real good mood
you could almost forget bout all the other things
like a big old ominous cloud in my periphery

僕が上機嫌で外にいると、
君は僕の傍らにある、不吉で古びた大きい影のような他のこと全部を忘れるだろうよ。


Don’t wanna talk about it
Simultaneous I shout it

そのことは話したくないんだ。と同時に僕は叫ぶ。


When I was young I liked to hear music blarin'
and I wasnt carin to neuter my jams with earplugs
But these days I inhabitate a high-pitched ring over things
so these days I plug em up

若い頃は音楽を大音響で聴くのが好きだったし、
耳栓をつけて自分のジャム(演奏)を抑制するのも気にしはしなかった。
でも最近じゃ、何よりも甲高い響きのなかに住んでるよ。最近は、それにも栓をするんだ。

* carin : 最初何の単語かよくわからなかったが、care の ing 形だと気づいてそういう解釈にした。
「気にかける、気遣う」といった意味合いかと。


When I'm strugglin with my songs I do the same thing too
and then I crunch em up in headphones, cause why wouldnt you?
You could say I hear you on several levels at high decibels over everything

自分の歌と向かい合うとき、私も同じ事をする。
そういうときはヘッドフォンの中でガリガリさせる。あなたもそうしてみたら?
すべてに関わるハイ・デシベルにも、いろんなレベルがあるんだね、そう言っていい。


When I'm all alone on my own by myself
and there and another single one around
I wanna dig into my guitar, bend a blues riff that hangs... over everything

たった一人、本当にひとりぼっちでいると、ほら、周りに同胞がもう一人いて、
僕はギターに夢中になる。そしてあらゆるものを覆い隠すブルースのリフを弾きたいんだ。





これまでに歌詞を訳したミュージシャン一覧: だいぶタイトルが充実してきた。

The Cure(ザ・キュアー) / Jannine Weigel(ヤンニーン・ワイゲル) / SAHA(サハ)
Wire(ワイヤー) / New Order(ニュー・オーダー) / The Wake(ザ・ウェイク)
Porter Robinson & Madeon(ポーター・ロビンソン&マデオン) / Felt(フェルト)
Charity Children(チャリティ・チルドレン) / Angel Olsen(エンジェル・オルセン)
Robert Wyatt(ロバート・ワイアット) / Eno-Moebius-Roedelius(イーノ・メビウス・ローデリウス)
Anekdoten(アネクドテン) / The Wedding Present(ザ・ウェディング・プレゼント)
Courtney Barnett & Kurt Vile(コートニー・バーネット&カート・ヴァイル)


posted by J at 09:00| Comment(0) | 洋楽の歌詞和訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

All My Eye and Betty Martin

AllMyEyeAndBettyMartin-Jan-2018a.png
All My Eye and Betty Martin
(Jan. 2018 / 148 x 210mm) Ink and Digital Effects

色違いバージョン: (PNG - 0.3MB) http://tagong-boy.tumblr.com/post/169733978981


下記フリー・フォントを使った。

Cinzel Regular ( Made by ndiscovered )
http://www.1001fonts.com/cinzel-font.html

posted by J at 09:00| Comment(0) | ■ Drawings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

Drinking coffee in the coffin

DrinkingCoffeeInTheCoffin-Jan.2018.png
Drinking coffee in the coffin, then can't sleep, affected by caffeine
棺のなかでコーヒーを飲み、カフェインのせいで眠れない

(Jan. 2018 / 210 x 297mm) Ink and Digital Effects

画像大きめ版: (PNG - 1.5MB)
http://tagong-boy.tumblr.com/post/169646853466/

posted by J at 09:00| Comment(0) | ■ Drawings | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする