2018年06月18日

黒海を望むグルジアのバトゥミが未来都市みたいになっていた、の巻

cap-ArgoCableCar-Batumi-Georgia.jpg
* 下動画からのキャプチャー画像。


「世界の鉄道」シリーズ用の動画を探していたところ、グルジア、バトゥミ上空を滑走するケーブル・カーの映像が関連動画で表示され、それを見ているうちにバトゥミの街が近年再開発によって、すっかり未来都市みたくなっているのにびっくりしてしまった。

黒海に面したグルジア南西部、バトゥミは人口が16万人ちょっとと、さほど多いわけじゃないけれど、この国では第二の都市。昔の呼び方でいうとコーカサス南部にあたり、今でも地政学的にはちょっとややこしい地域だ。また、このあたりはお茶の産地で有名なトルコ東部地域(トラブゾン〜ホパ)と国境を接しており、トルコへの玄関口にもなっている。そのため、国境またぎの旅行者には知られた場所で、以前はソ連時代の名残もあって越境のわずらわしさがついてまわっていたが、近年はビザなしでも入国できるようになったりし、ずいぶん行きやすくなっている。

そして、19世紀の古い街並みと最新の建築が入り混じって、どこか不思議な都市景観。ヨーロッパの街並みとも違うし、アジアの街でもない、旧共産国圏特有のブルータルで無機的な建築群と、最近の流体的で有機性を感じる建築デザインが奇妙なバランスで同居するバトゥミの遠景は、なかなか新鮮な感じがした。古いのか新しいのか、ちっともよくわからんけれど、くたびれた未来都市的なところはどこかブレードランナーの世界観とも繋がって、なんだか急にカフカスへ行きたくなってしまう。
なんでも、2016年の12月まで、47階建てのトランプ・タワー建設の計画があったらしいが、トランプが大統領になってしまったため白紙撤回されたとか。まぁ、どうでもいいようなニュースも知ってしまう。



Argo Cable Car in Batumi, Georgia (March 30, 2016)

Quotes - about Drink and Food(〜「トルコの紅茶」〜)
http://tavola-world.seesaa.net/article/426136386.html

異国で進む「偽トランプ・タワー」建設の野望(2017/08/03)
https://forbesjapan.com/articles/detail/17192


cap-Batumi-Georgia-1.jpg
Батуми сейчас 16.05.2018
https://www.youtube.com/watch?v=UXxzkqgMP6w

cap-Batumi-Georgia-a1.jpg
Самые популярные курорты мира:Батуми Грузия: Город-солнце ждет Вас
https://www.youtube.com/watch?v=hhBfS5xijTw
cap-Batumi-Georgia-a2.jpg
* 上画像はリンク先の動画 & 下記リンクより
http://tagong-boy.tumblr.com/post/174843906071/

posted by J at 09:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

ジョイス三冊

JamesJoyce-paperback.jpg
wordsworth classics 版のジョイス三冊。「ダブリナーズ」「若い芸術家の肖像」「ユリシーズ」


今日はジョイスを祝すブルームスデイ。それにちなんで、ジョイスの本の話を。
ペーパーバックは安いとはいえ、やっぱり輸入しているからその分ちょっと高かったりする。何冊か買おうとすると、それなりの値段になってしまう。ジョイスの本に関していえば、ワーズワース・クラシックスというのがあって、そこから出ている彼の代表的な3冊は一冊500円以下のワンコインで買える値段で売られている。為替変動とか、季節によって値段がコロコロ変わるんだけれども、とには300円台のときもあって、こんな値段で利益出るの? という不思議な価格設定。ジョイスの作品に広く親しんでもらうために、利益度外視の普及活動的な意味合いがあるのかもしれない。まぁ理由はともかく、読者にとっては嬉しいものだ。タイミングよければ、上の3冊が1,000円以内で買えるときだってある。なかなか原書はね、という人でも、これ位の値段なら、一冊くらい手元にあってもいいんじゃないかと思えるだろうし、そこからペーパーバックの世界に入るきっかけになるかもしれない。ユリシーズはさすがに読むのは難しいけれども、短篇集二つ、「ダブりナーズ」と「若い芸術家の肖像」は意外とページ半分くらいなら辞書なしでも読めたりする。値段は安いが、注釈もしっかりしていて「Two Gallants」にでてくる奇妙なセリフ"That takes the buiscuit!"は"that wins the prize"or"that's the best story yet"という意味だとかで、こういった独特の言い回しもニュアンスがわかるようになっている。


「もうすぐだな、6.16」(2018年06月02日)
http://tavola-world.seesaa.net/article/459727281.html
posted by J at 09:00| Comment(0) | 海外小説を英語で読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

私をディナーに連れてかないで


Hooverphonic - Romantic

いや、もうこのギターの音、この空へと突き抜けてくような声。
とろけるイントロ、たまらなくいい。
無条件幸福。ザ・90s
はじめて聴いた瞬間にはまってしまった。
けっこう活動歴長いユニットだけど、全然知らんかった。
posted by J at 12:00| Comment(0) | - Memo - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする